5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

サモン4 【コーラル】自己紹介は苦手【…かと】

1 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/06(土) 13:18:04
         /_,,.. --------‐‐'
       / '´       ̄ ̄` 丶、 _
     ,. '´     - 、  - 、        ̄フ_,,.. 、-‐ ァ
   /         \  \  _,,.. -''" ̄ ヾヘ i/
   /   ,         ヽ  `丶、      /
  ,'   ,'i     ト、      ',  \¨`  ,. イ/
 . i    i ',    ト、゙、    ', i  \/    ̄¨>
 . l    l__.',   ├‐\  lヽ! l ゝ¨`    /
  } i  l.ニ', 、   l__\i l    l‐--、  Lヽ、
  ノハ!   lTiフヽ、\. ll iニlハ!   lrヮ /  !    竜の子で、こういうしゃべり方・・・かと
  .   }/\l、_フ ヾ ヽ!ヽ-'/      l /   ゙、
   ノl. ∨l   、    ,イ/!    l´  ト.、.__ヽ
    l l \   ._   __./ ,.イ /----、\
      l l.l < 丶 __  イ',/ / !/    /¨`
     レ レ ', L_  _.l //  "   /丶、
          ', L/  ',  ,  _,,.. -=`‐ 、 `丶、 _
      r'´ .',__]  / /‐'''i"      ',     ̄¨丶、
      l  レ /,..-‐- 、    l       ',`丶、.._   \
        l !/ i f.i⌒).)l     l         ',     `ヽ__.i
         l/  !、ヽ-‐'ノ    .l   ヽ    ',  、-‐''"¨´"i
       ,'   ( )¨´     ',  ∧     ',  `>   ノ
       i    <>          ',  i ゙、    ',   ̄ヽ/

2 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 13:18:43
コーラルで一枚。

http://samonai.s4.x-beat.com/cgi-bin/img-box/img20070106052547.jpg


3 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 13:18:54
女の子ですか?

4 :グラッド:2007/01/06(土) 13:19:53
やぁみんな、トレイユの町を守る駐在軍人、兄貴ことグラッドだ!
今日も1日元気に行こう!帝国軍人をなめるな!

さて、テンプレだ。
基本的にSSはエロ有りの方向で頼んだぞ。
続きものの場合はエロ無しのパートが入っていてもOKだ。
特殊なシチュに関しては事前の注意書きがあった方がいいと思うぞ。

SS作家のみなさんが気持ちよく投下できるスレにするんだぞ。
各自21歳以上の大人として良識ある態度をとり、
職人さんが気持ちよく投下できるスレにしよう。
以上のことを守れないやつは紫電槍を食らわせるぞ!
【SS保管庫のアドレス】
ttp://snep.s7.x-beat.com/index.html (330氏)

5 :グラッド:2007/01/06(土) 13:24:02
>>3
竜の子を知らないのかな。よし兄貴こと帝国軍人 グラッドが解説してあげよう。


 サモンナイト4のコーラルは性別不明カワイイ
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1154509795/
 サモンナイト4のコーラルは性別どっちでもカワイイ2
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1163942760/
 【新年】サモンナイト4のコーラルは煎餅甘カワイイ3【…かと】
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1167697562/


尚、俺は、「トレイユ宿場街の駐在軍人」だ。
「帝国軍陸戦隊所属 トレイユ駐在武官 グラッド」が正式名称かな。
俺に会いたければ↓で兄貴と叫んでくれ。


 サモンナイト4のグラッド兄貴を励ますスレ
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1166072405/


6 :グラッド:2007/01/06(土) 13:29:21
 みんなおはよう!俺は街の頼れる兄貴こと駐在軍人グラッドだ。

この街の平和は俺が守らなきゃいけない…だから俺は今日も我が愛しの女神、
ミントさん(主にロケットおっぱい)とついでにトレイユを見回るのさ!

 さて、まずは悪ガキの宿屋に来たぞ。ま、ここは街外れだし、
正直最後に回るのめんどくせーしな…ん?なんか聞こえるぞ。

 『あっ…んぅ、パパッ、パパァ…』
 『ああ、ミルリーフ…いいぞ。その調子でもっと腰を降って…』

 ……ジーザス、クライスト。なんだよコレ、なんなんだよ。
 なんでライがミルリーフにライドされてるんだ。
 つーか、おい。15のガキがなに幼女とヨロシクやっちゃってんだ。
 俺なんて年齢=童て…いやなんでもない。なんてうらや…不謹慎なんだ!

 『あっ、あっ…パパっ!もうダメっ…ミルリーフもう…っああ!』
 『くっ…腟内に出すぞ…ううっ!』
 『あ…パパが、いっぱい…』
 「……異常、なし」

 つぶやいた声が、なんだか無性に寂しく響いた。
俺は窓から離れ、パトロールを再開することにした。
なに、ただ子供たちが成長した(性的な意味で)だけさ。
俺が悲しんだり、怨んだり、殺意を覚える必要はないんだ。

 ふふっ…なんだか泣きたくなってきたなぁ。あ、もう泣いてるや。
さーて、次はどこへ行こうかな。


A.ブロンクス邸  ・・・リシェル・・・俺はお前も実は・・・
B.星見の丘  ・・・奇跡の出会いが俺に・・・
C.ミント家   ・・・ラブラブアタック「ミントさん・・・ハァハァ」
D.森      ・・・ふふふ、男がこんな森の中ですることと言えば

7 :グラッド:2007/01/06(土) 13:31:49
・・・・・・・・・・・・・・・気を取り直してみんなおはよう!

俺は街の頼れる兄貴こと駐在軍人グラッドだ。
たとえ悲しみに膝をつこうとも、この街の平和は俺が守らなきゃいけない…
だから俺は今日も我が愛しの女神、ミントさん(主にロケットおっぱい) とついでにトレイユを見回るのさ!

 わざわざ森に来たのは夜盗どもが潜んでないか確認するためであって
断じてこっそりいじけに来た訳ではって

…ん?またなんか聞こえるぞ。

 『あっ…ぅあ…だめだよリビエル・・・・こ、ここでこれ以上あうっ!!』
 『はあああっ…大丈夫で・・・あん・・・結界があるから…っ、もっと突いてぇぇぇ!!』

  ……ジーザス(パートU)、クライスト(その2)。
 もうやだよコレ、俺は悪い夢を見ているのか。
 なんでルシアンがこんなとこで剥かれてるんだ。普通逆だろう。
 つーか、おい。何が結界だ。術が解けたのもわからんほど夢中なのか。
 近頃のガキはずいぶんとオマセだな、コラ。

なんてうらや…不謹s・・・いや、はっきり言うぞ。くやしいっ!!

 『あっ、あっ…もうイクっ・・・ルシアンっ!はああああああん!!!』
 『ま、待って!ナカはまず…ううっ!』
 『あ・・・っ・・・はぁはぁ・・・・・・やっぱり、ステキ・・・ですわ・・・プリンと・・・同じくらいに・・・・・・』
 「・・・・・・平和だな」

 天子が悪魔と戦う必要の無い世界。
愛する男(プリン並だがな!)と、種族を超えた愛をはぐぐめる世の中。
素晴らしいじゃないか。
俺は全てを忘れ、三度パトロールを再開することにした。
 なにを悲しむ必要がある。そうさ。世界は平和だ。
上を向いて歩こうじゃないか。

 ははは、また雨が降ってきたなぁ。こんなに晴れてるのに。空き缶のくせに。


どこへ行こうか?
・ミントの家  ・・・ラブラブアタック「ミントさん・・・ハァハァ」
・私塾     ・・・俺、、落第生だったんだなぁ昔。。
・駐在所に戻る  ・・・アウトドア派というか俺はこもるのが嫌いなんだよな、、

8 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:33:37


■プロローグ

これは、トレイユ宿場町での隠された伝承の一つである。
史実であると言われた話なので軽く聞き流して頂きたい。

9 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 13:34:24
公園のトイレに走れ

10 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:35:01

(ある町はずれの丘の宿屋。舞台はここから始まる・・・。威勢のいい声が鳴り響く)


「ありがとうございましたーっ!」
ドアベルの音と共に宿屋を後にする団体客の背にライは声をかけた。
今のが、夜の部の最後の客。
ドアが閉められ、ここならではの夜の静けさが訪れると、ライは大きく息を吐き、カウンターに突っ伏す。

「ああ、終わったぁー…。」
いつもの事だが、一日の終わりはこんな感じである。
それでも安堵と同時に充足感があるのは、自分がこの仕事を楽しんでることに他ならないのだけど。

「おつかれさま、お父さん。」
不意に、いや、いつものように、頭の上から声をかけられて、ライは顔を上げた。
「おう、コーラルもな。大変だったろ。」
そこには、相変わらずの眠そうな顔で、自分を見ているコーラルがいた。

ライがねぎらいの言葉をかけると、コーラルは首をふるふると振った。
「大丈夫、貴方に比べれば、たいしたことないかと。」
肩をすくめ、うつむき、そして頬を染めて、微笑む。
「…お、おう、そうか?」
なんだか気恥ずかしくて、ライは視線をそらす。そんな彼をみて、コーラルは首をかしげる。
「?、お父さん?」
「…なんでもねぇって。」
「そう?それなら、外のランプ、消してくるね?」
「あ、あぁ、頼む。」

不思議そうな顔をしたまま、コーラルはぽてぽてと外に出て行く。
その後姿を見送って、先ほどと同じようにドアが閉められたあとに、ライは大きくため息をついた。
「はぁ…なんだってんだ俺。」
上げていた顔をまたカウンターに預ける。冷えた感触が心地いい。

11 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:36:28
「…。」

さっきの仕草。不覚にも、ドキリとしてしまった。
いや、今日に限ったことではない。あの戦いの後から、そういうことが、多くなった。
ライも年頃の少年。異性にどきりとしたりするのは別に珍しいことではない。
だが相手がコーラルとなると話は別だ。

父親と子供。現状、というかことの始まりからライとコーラルはそういう関係にある。
ライ自身もそれが当たり前な環境なので、
コーラルをそういう目で見てしまうのは、絶対やめたいところなのだが…。

「大体、俺あいつの性別しらねぇもんなぁ…。」
さらに根本的なことに気づき、ライはなんともいえない表情になる。
竜の状態は当然ながら、人状態でもわかるものではない。
親子ならお風呂くらい、と言われそうだが、コーラルはそこら辺しっかりしているというか、
一人ではいって一人で上がってきてしまう。

でも、なんだろうー。

「ただいま。」
カランカラン、とドアベルが鳴り、ライを悩ませている人は帰ってくる。
「おう、お帰り。」

そういいながら、ドアをしめるコーラルの後姿を見る。
(腰あたり…とか、なんかちょっと…。)
女っぽいというか、なってきたというか。

「何?」
「あ、いや、なんでもない!」
視線に気づかれて、ライはあわててごまかす。
(だぁーっ!何みてんだ俺!)

「…?」
やはりさっきと同じように、コーラルは首を傾げるばかりであった。

12 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 13:37:03
しょっぱなから何このカオス。

13 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:37:19
廊下には、淡い橙色の光がぽつぽつと灯る。
少ないながらも一応いる客を起こさないように、
ライとコーラルはゆっくり自分たちの部屋へと向かう。

「明日休み…。」
「お、そういやそうだな。忙しくて忘れてた。」
「…働きすぎ、過労で倒れないか心配。」
コーラルは呆れるがライは別にそんな気もない、むしろまだまだ大丈夫といった感じである。

明日の休みは、一週間前、待遇の改善を要求して
テイラーの書斎で座り込み大会をしたリシェル、コーラルの行動の成果の休みである。
ギリギリまでとめようとして、一番とばっちりを食らったルシアン曰く、
町外れの農園の暴動のほうがまだ可愛かったよ、とのことであったが。

(そういや、黒煙上がってたよな…。)

「…?」
「いや、お前は思ったよりも大胆だなってこと。」
自室のドアを開き、コーラルを先に入れる。振り向いたコーラルはライを見上げ、顔で疑問をあらわす。

「一週間前のリシェルんちでの騒ぎのことだよ。」
「あ…うん。」

言葉を濁した、コーラルの背中を押し、ライも部屋にはいり、ドアを静かに閉める。
「…たまには、貴方と二人きりになりたいし。」

どくん

「…………――え?」

不意打ちだった。
言葉の意味を理解するのに一拍、その一拍が過ぎた後は、あっという間に心臓が早鐘を打ちだす。

「…え?」
間抜けにも、もう一度聞き返してしまう。
コーラルは、いつものように不思議そうな――顔を、してなかった。

「ライ?」
名前で呼ばれ、ゾクリと背筋に嫌なものが走る。
悪寒、やばい、なんかやばい。なにか企んでる。すごく、よくないこと。
後ろ手にドアノブを取ろうとして…できなかった。

――体が動かない。

14 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:38:34
「ッ…!!!!????」
「…せいこう。」

くすり、とコーラルは微笑む、小悪魔。そういう形容がしっくりするその笑み。
まだランプもついていない部屋の中で、瞳だけが猫のように爛々と輝いていた。

――竜眼。

瞳に魔力を込めて、相手の神経を麻痺させる能力…。
ライは、それをまともに食らってしまっていた。

「コーラル…おまっ…それ…。」
声すらまともに出ない、なんとか首から上は動くが、それでどうにかなるものではない。
能力のうちなのか、視線をそらそうとしても、無駄であった。
力を入れることのできない体が、閉められたドアにぶつかり、ずるずるとずり下がる。
その様子を見て、コーラルは眉をひそめる。

「ちょっと効きすぎ…。」
そういうと、少しだけ拘束が緩む、体は相変わらずびくともしないが、声だけは何とか出るようになる。
「何の真似…!んっ!」
そして、抗議しようとして、その口を塞がれる――唇で。
「ッ…!」

今までに感じたことのない距離とその感触に、ライは息を詰まらせる。
吐息がかかるとかそういう生易しいものではない、本当に、目の前にいる。
まぶたは閉じられて、表情は読めない。
ただ、ほんのり紅く染まった頬と、やわらかく甘い感触。
そしてほのかな香りに眩暈がする。

(―――ってそうじゃねぇだろ俺!)
正気に戻り、ばたばたと足掻く。実際にできないが、
気配は察したようで、コーラルは、ようやく、体ごと、唇を離した。
ものすごく、不満そうな顔で。

「往生際悪い かと…。」
「ぷはっ…あったり前だぁッ!」
「舌くらい、いれてくれると…。」
「自分の、子供にそんなことできるか!大体なんでこんな…うぐっ!?」

また拘束が強くなって、ライは二の句を継げなくなる。
コーラルは、そんな彼を見て、ひどく冷ややかな視線を向ける。
怒りとも侮蔑ともつかないような、そんな瞳。

15 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:39:30
「子供…?」
じり、じり、とコーラルはライへと寄る。
「う、う…!」
「貴方はそういう言葉でごまかすんだ…?」
近づくかれるたびに拘束は強まり、息が詰まる。

金の瞳には何もかも見透かされているようで、恐れが頭をもたげる。
「やめ…ッ…!」
「ボク、知ってるんだよ…?…ねぇ、ライ?」
「く…ぁ…!」
息がかかる距離。満足そうに目を細めるコーラルはその細い指でライの頬をなでる。


「貴方、ボクに欲情してるんでしょう?」


「ッ…!」

暴かれた。
いや、気付かれていた。
耳元で紡がれた断定の意味を込めた問いかけ。
ささやかだった気持ちを、暴力的な言葉で蹂躙され、上書きされ、汚された感覚。

何より、冷ややかなその声色に、心が黒くなる。
「お父さんって、変態…。」
「ちが…!」
「違わないよ?」

だってほら。
そう言ってコーラルは、ライの腹部にかけていた手を下にへとずらす。
「ここ、こんなに硬くなってる…。」
「う、ぁ…ぅ」

ライの顔が羞恥で赤くなる。コーラルが布越しになでる其処は、
すでに見てわかるほどに、大きくなっていた。
「こんなにされて、まだこうなるなんて…やっぱり変態、かと。」

くす くす くす
いつもは和やかな気分になる笑みがこんなにも怖い。

「…心配しなくてもいいよ?ライ。」
ライのズボンをずらしながら、コーラルは再び、耳元でささやく。
「貴方がしたいこと、ボクがたっぷりしてあげるから…。」

16 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:41:45
「は…ぅ…っ。」
口が自由になるのなら今すぐ舌を噛み切ってしまいたいほどに恥ずかしい。

けれど竜眼の効果はまだ全然有効で、というかむしろ上書きされており、
ライは依然として、ドアに背中から寄りかかったままの姿勢で拘束されたままであった。

「お父さん?」
「う、くぅっ…。」
下半身から走る刺激に身を硬くして耐えることも出来ず、ライは声のままに悶える。

すでに自分のものはコーラルの手の内であった。
硬くなっているそれを、コーラルはなんてことなしに眺め、手で包み込んでいた。
少年だけあって、まだ剥けきってもいないそれは、
しかしコーラルの手には余るもので、先が顔をのぞかせる。

「コーラル、やめッ…!」
「ねぇ、ライ、聞いてもいい?」
彼の制止など聞かず、性器を握ったまま、コーラルはライに尋ねる。
先ほどの妖しい笑みはなく、顔は無表情。問いかけに、拒否権は最初からない。

「ボクのこと考えて、一人でしたりしたの?」
「な…なんてこと聞いて、うぅっ!」
「誤魔化すの、いけないかと。」
握った手にぎゅう、と力を込められて、ライが顔を歪ませる。

「ね…どうなの?」
「…してねぇ。」
ぷい、と顔を背けてライは答える。
コーラルは一瞬きょとんとしたあと、そう。とだけ短く答える。

「あ、あのなっ?コーラル。いくらお前の言うとおりだからって、
俺が、お前でそんなことするような奴に見えるのかよ?」
その反応がなんとなく誤解を招いてるような気がして、ライは再度噛み付く。

「…硬くしてるくせに。」
「あぐ…。」
たった一言の反論に、ぐぅの音も出ない。ライは、情けないなら何やらでがっくりとなってしまう。
だがコーラルの方は、そうでもなかったようで、無表情に僅かながらいつもの笑みが灯っていた。

「…でもちょっと嬉しい。」
「え、なら…うっ!」
少しだけ緩まる拘束。
一瞬だけ甘い考えが頭をよぎったが、
1秒もしないうちに訂正を余儀なくされてしまう。

「あ、うっ…!」
ライのを包み込んだ手が、指がゆっくり上へ下へとこすられはじめる。

17 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:43:32
「でもね、ライ、それじゃ嫌なんでしょ?」
「そ、そん…な。」
「言ったよね、してあげるって…。」

手の動きが少しずつ早くなっていく。
相変わらず身動きは取れないのに、下半身の感覚だけは残されていて、緩い刺激が、思考を痺れさせていく。
何より、コーラルが自分のものを愛撫しているという様が、ライを混乱させる。

「ふ…ぅっ…あ…、ほん…と、や、め…。」

「無理かと…。」

「あぅ…!」
根元から先端まで一気に、搾り取るように擦られる。
下半身から、背筋を這う刺激。ほかの感覚がない分、それは強烈なものになって、脳を犯す。

「だって、こんなにも気持ちよさそうだから。」
心の底から、満足したような声の色。
ぞくぞくとした表情を見せるコーラルを見て、ライは改めてこの子供が、嗜虐趣味であると思う。

(―――だ、ダメだ、流されるな。俺。)
押し寄せる快楽に何とか飲まれないように、ライは歯を食いしばる。いっそ委ねてしまえばいい。
そう考える思考を隅へと追いやり、一度やったように、
・・・…これと似たものを打ち破った事を思い出しながら、四肢に力を込める。

だって、こんなの絶対嫌だ。

自分はこの子の親なのだ。いつかは崩れてしまう関係でも、こんな形で無しになってしまうなんて認めたくない。
コーラルもきっとどうにかしているのだ。
そう、今すぐにでもこれを破れば元通りになる、そう思っていた。
次の瞬間までは。

「ぅあっ…!?」
ぴちゃり。
滑らかな手とは違う、水気のある、生暖かい感触に、思考は無残にも吹き飛ぶ。
力こめる為、刺激を抑えるために閉じていた目を開くと、
コーラルが、屹立したものの先端に、自分の舌先を這わせている所だった。

「ばっ…!何してんだコーラルー!?」
たどたどしかった言葉、麻痺した声帯がうそのように悲鳴を紡ぐ。
流石に驚いたのか、コーラルは目を丸くしてこちらを見て、答える。

「嫌い…?」
「好きとか嫌いとかじゃなくてだな…、コーラル!俺はお前の…げぅっ!」
「…。」

再び正面から魔力を浴びせられ、ライは悶絶する。しかも今までの中で一番強いといってもいい。
意識と視界が暗転するほどの一撃。くらくらする意識の中で、耳だけがコーラルの声を拾う。

「そう言うのなら…そういうふうに、して欲しい。」
「…え?」
あいまいな言葉の意味を、コーラルは説明しなかった。視線を逸らし、ライを見ようともしない。

「…何でもない。言っても、分からないから。」
いつか言われたことと同じような言葉を放たれる。

18 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:44:26
「―…するよ?」
言葉の意味を確認する前に、コーラルが再びライの性器に口をつける。
「ぁう…!」
「ん…れろ…ん。」

流石に口に含むのは抵抗があるのか、舌先で、先端をなでる程度のたどたどしい行為。
だが、それだけでライには十分すぎる刺激であった。
先ほど、手で擦られていたときの何倍もの感覚に、くらくらするどころか、頭の中を白く塗りつぶされる。

「ライの…おおきい…かと―…ん。」
その言葉に、熱を帯びた表情に、心臓がはちきれんばかりに鳴っているのが分かる。
痛いくらいに大きくなったものに、つたなく、懸命に奉仕を続ける、自分の子供。
色恋に疎いライにだって分かる、背徳的な光景が、理性を奪っていく。
いつの間にか、四肢からは力が抜けていた。


「ふ…あ…ちゅ…。」
どれくらい経っただろう、

尚もつたない口付けは続いている。
それ以上のことを知らないのか、怖いのか、コーラルは先端を舐めるより先に踏み込もうとしない。
もどかしいような、切ないような攻めは、

最初こそ鮮烈な刺激を伴っていたものの、緩急の無いそれは、
体が慣れてさえしまえば、甘い波になってライをゆるゆると蕩けさせる。

「あ、ぅ…コーラル。」
「…気持ち、いい?」
「お…おぅ…。」
「素直なの、いいことかと…。」
濡れそぼった性器にはりついて絡む髪をかきあげながら、微笑むコーラルはとにかく可愛かった。

ああもう、どうして四肢が動かないのだろう。
動くのなら今すぐにでもこの子の頭を撫でてやれるのに。
先ほどまでは別の目的のために動かそうとしていた腕を、今度はそんな目的で動かしたくなる。
そんな事をぼんやりと思っていると、コーラルが不意に口を離す。
自分の口にたれた唾液をぬぐうと、再びライのものを手だけで撫でる。

「っ…?」
「もう、大丈夫だよね…?」
「な、何が?」

たずね返すと、コーラルは俯く。撫でていた手を離すと、立ち上がり、そして。
「挿れるの、貴方の、ボクの中に…。」

19 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:46:18
自身のズボンに、手をかける。
「ぐっ…!?」
押しつぶしたような声、とはこのことを言うのだろう。
そして、一気に目が覚めた。

いれる?何を?否、この状況でどうするかなんてライも知っている。
「ね、いいよね?ライ」
布と肌が擦れ合う音がして、ぱさりとズボン、そして下着は落ちた。

今、コーラルが着ているのはぴったりとした上着だけ、
ギザギザにカットされた布の合間から、濡れたものが姿を見せる。

女性の、それだった。

「お前…。」
「…。」
コーラルは答えずにライの下半身にまたがる。
思い切って、腰を下ろせば、コーラルの割れ目のその中に、ライのものが入るだろう。

「ちょ、ちょっと待てぇ…!」
駄目だ。ここまでされておいてなんだが駄目だ。
ライは力の入らない体に、再び力を入れようと歯を食いしばる。

「ぐぁッ…!」
即座に竜眼をかけ直される。容赦が無い。

本気でこの子は、このまま自分を犯すつもりでいる。

冷や汗が流れる中、なんとかライは口を動かす。
「だ、だめ…だ、コーラル。」
「…なんで?貴方は、こういうことしたかったんじゃないの?」
冷ややかな目。何を今更といった物を言わない抗議。
「そう、かもしれねぇけどッ…!」

やましい気持ちがあったのは嘘ではない。
コーラルのことをそういう目で見て、そういう考えが頭をよぎったことも、やっぱりある。
だから、今の状況は、自分自身の気持ちよさとか、
そういう一点を見れば、委ねたってかまわない、そういう状況だ。

「けど、だめだ…。」
ぎり、ぎり…
血が通うような、火が灯るような、そんな僅かな感覚。

コーラルが大きく目を見張る。
「ラ、ライ…?」
「こ、このさいだから言っておくッ…。」

もう言ってしまおう。ここまで来た事だ、ライは腹をくくる。
四肢に力が戻ってくる。尚も拘束は続くが、手ごたえが、確かにある。

「や、やめ…!そんな無茶したら。」
制止の声。聞こえない、うるさい。これだけぎっちりかけた奴がなに言ってんだ。

「俺はなっ…コーラル。」
「お、お父さんっ…やめ…。」
「そういう風に言うな!」

びくっ、とコーラルの体が一歩引く。それと同時に、拘束も心ばかりか緩む。
まるでぜんまい仕掛けのおもちゃのように、ライの体が少しずつ動き出す。
―――いける、これなら。そう思った刹那

20 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:48:30
「がっ…」
びしり、と体に亀裂が入ったような感覚。激痛が走る、身悶えることは、出来ない。
出来たとしても、この子の前では、そんな姿は見せたくない。

「お…おとうさ…。」
「だから、さ、コーラル。そういう風にいうなって言ったろ…。」
「…え。」
「コーラル、俺さ…。」

ああくそ、腕が動かない。伝えたいのに。伝えて、こいつの頭、撫でてやりたいのに。
せめて顔だけでも、ゆっくりと上げると、今にも泣きそうな顔のコーラルが、視界に入った。

―――ったく、俺は馬鹿だ。
言いたいのなら、言ってしまえば良かった。こんな風になる前に、いっそ素直に。
「ごめんな。俺…お前が、好きみたいだ。」

親子としてではなく、人と人として、恋とか愛とか、そういう感情の。
「…っ!」
「うおっ!」
とたんに、拘束が緩んだ、裂くような痛みは消え、力を込めていた分。ライは前のめりになる。
そのまま、ぽすん、と、いっそ勢いのまま、コーラルを抱きしめる。

「好きだぞ…、コーラル。」
「…おとうさ…ん。」
「だーかーら、そういうなっつったろ、何度も言わせんなよ。」
ぽんぽん、と頭を撫ででやる。
「…そう呼びたいのなら、別にかまわねぇけどよ。」

「う…えぐ…ひくっ」
自分の中に預けられた小さな体が、震えだす。しゃくりあげた声はやがて大きくなって

「ひっ…うぇええっ…ひっく…ライっ…ライぃ…。」

とうとう、泣き声になる。
「う…ぅう…貴方が、悪いんだから…。」
「お、おい…」
「貴方が…お父さんが、ボクのことずっと子供って言ってくれるなら、ひくっ…それでもよかったんだ。」
「…っ。」

そう、それならそれで良かったのだ。
自分の中の親子の枠を超えた淡い気持ちは、黙っておけば、
ライが自分をそう扱う限り、ずっと芽吹かないはずだったのに。

「ライが、ボクのこと、そういう風に見てくれてるって気づいて、うれしかった…なのに。」
あいも変わらない、行動とはまったく反対の子ども扱い。

ライがそういう目で見れば見るほど、コーラルの中の気持ちは大きくなっていくのに、
ライはそれを否定するかのように、振舞っていた。

「うっ、うええぇんっ…バカ…バカぁっ…。」
それ以上は言葉にならずに、コーラルはひたすらライの胸で泣きじゃくった。

「――…ごめん…ごめんな。」

本当に、自分は馬鹿だ。
こんなにも小さな気持ちに気づけないでいた。いや気づこうとしなかった。
それで、ここまでになってしまった、
気づいてやれば、こんな風に泣かせることはなかっただろうに。

本当につぶれてしまいそうな細い体。それを精一杯抱きしめて、ライは、コーラルが、泣き止むまで、そうしていた。

21 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:49:54
「もう大丈夫か?」

幾分かの時間がたって。
ライが差し出したハンカチでコーラルはおもいっきり鼻をかむ。

二人は今ベッドのはじに腰掛けている。お互いに服は着なおし、流れてる空気も、穏やかそのものだった。
「うん…平気、かと。」
「ならいいけどよ、なんか飲み物もってくるか?」
そういってライが立ち上がろうとすると、その裾を、コーラルがぎゅっと握る。

「いい、おとう…貴方と一緒の方がいい。」
「…そうか。」
中腰になった自分を再びベッドにへと戻し、ライは前を向く。
少しばかりの沈黙

「…体、大丈夫?」
「ん、ああ…平気だぞ。っていうかお前がかけたんだろうがよ?」
「だから、心配。ごめんなさい…。」
しゅん、とコーラルが肩を落とす。そんな彼女をみてライはふう、とため息をつく。

「まぁいいけどよ、そもそも俺が悪いんだしな。」
「…うん。」
「…ちょっとは、否定しろって。」

思わぬ肯定に、ライはがくりと肩を落とす。まったく、この子は本当に容赦ってものがない。
「…しかしさ、お前、女だったんだな?」
ふと、思ったことを口にする。先ほどの光景を思い出すのは恥ずかしいことこの上なかったが。

コーラルを見ると、それは彼女も同じだったようで、顔を真っ赤にして、俯いている。
「ボクなんていうから男かとおもってたぞ?」
「別に、ボクはどっちでもない…、お父さんが、こっちのほうがいいって思ったから、
人の姿のときはこうしてるだけだよ?」
「つまり、最初から性別ないってことか…。」
「違う、いらないの…ボクは、至竜だから。」

少しだけ寂しそうに、コーラルは言う。
そういえば御使いの誰かが、至竜は生殖行動で子孫を増やさない、
とか言ってたことをライは思い出す。
そりゃ当然いらないのも道理である。

「…お父さんは、男の子のほうが好き?」
「…いや、流石にそれはないぞ。」
ライは首を振る。

あのとき目の前で脱がれたとき、自分の目の前に現れたものが自分と同じもの、
とか考えるとそれだけで気分が暗くなる。

「…両方もできるよ?」
「それはもっといい…。」

げんなりとした顔で答える、両方ってなんだ。ライにはまだ想像がつかないことであった。
また、お互い一言もしゃべらなくなる。

22 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:50:34

「…あの、ライ。」
「ん?」
「続き、しないの?」
「…え?」

一瞬言葉の意味が分からなかった、
続き。続きって事はつまり、さっきの行為の続き。

それはつまり…。

思考がまとまる前に、コーラルがぽすん、と体を預けてくる。
力も入れていない、本当に自然に、ぽすりと、ライのひざに収まる。

くい、体をねじりながら、自分を見上げてくる。
その様は、今日見たどの表情よりも、可愛く殺人的なものだった。

ごくり、とつばを飲む音が、異様に大きく感じられる。

「…ボクは、いいよ?」
ライを見上げたまま、コーラルは言った。

23 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:55:19
どくん、どくん、どくん。

心臓が鳴る、さっきまでとはまったく違う理由で。
自分のひざに収まるほどの小さな身体。憂いの色とは裏腹に紅潮した頬。
期待と不安に潤んだ目は、退くも進むも貴方次第と、
しかしそんな姿の前に、選択肢なんてものは存在しなかった。

「ったく…、本当にお前は卑怯だよなぁ。」
緊張と照れで赤くなる顔を隠すようにライは顔を逸らし、
わしゃわしゃとその銀の髪をかきむしる。
こんな可愛らしいおねだりをされて、どうかしないほうがどうかしてる。

「ずるいのは、お互い様かと…。」
くすり、と膝の中でコーラルが微笑む。
もっとも、ライの場合は天然で、コーラルの場合は作為的という違いはあるのだが。

「そうだな、ったく…。」
そんなことは気にしないで、ライは笑い、コーラルの頭を撫でてやる。

「ん…。」
くすぐったそうに、コーラルは目を細め、そして猫のように手に擦り寄って甘える。
そんなこの子を見るだけでなにか満たされる感じもするが。

「…また大きくなってる。」
「う。」
コーラルの言うように、ライのそこはまた大きく張り詰めていた。
出していないのだから当然といえば、そうなのだが。

「また…舐める?」
「いや、流石に、もういいぞ…。」
直球で聞かれて一層赤くなる。

「っていうか、お前あんな事どこで覚えたんだよ。」
すこし聞きたかったことを聞いてみる。
肌を重ねるには、まだ少し心が落ちつかない。
「…何処って…ここ。」
そういってコーラルは自分の頭を指す。

――つまりアレか。継承した記憶の中に混じっていたと、そういう事か。

「…なんかお前の本当の親像がちょっと崩れた気がするぞ…。」
ライのイメージでは、コーラルによく似た女性で、
気品がああって清楚で儚そうな、そういうイメージがあったのだが…。

「子供のボクに欲情してるお父さんにいわれたくないかと。」
小悪魔の笑み。ライは再度がっくりとなる。

…ああそうですよ、俺は自分の子供に今から
――知識だけでしか知らないけど――あんなことやこんなことしようとしてる親ですよ。

「しょうがねぇだろ…、お前の事、好きなんだからさ…コーラルは嫌なのかよ。」
「ううん。」
即答だった。撫でる手を自分の手で包み込み、ライを、を見上げ、コーラルは言う。

「大好き。貴方も…貴方にもらった名前も…。」
そして、ライの膝の上に座る。彼は複雑な表情をするけれど、それでもいい。
この人のこれは、照れ隠しだって知ってるから。

「…ばかやろ。」
やっぱりライはぶっきらぼうにそう言って、それでもゆっくりと抱き寄せてくれた。

24 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:56:42
やがて、どちらからともなく、唇をあわせる。

「ん…っ…。」
「は…ら、ライ……んっ!?」
コーラルは口の中の異物感に驚く。生暖かくて、柔らかいとも硬いともつかない妙な感じ。
口内を這おうとするその何か…

(これ…舌?)
「ん…んぅっ…!」
逃げようともがくが、ライに後頭部をしっかりと抑えられてしまっているために、それも適わない。
「は、あぅ、は…。」

苦しい…頭がぼうっとする。
入ってくるそれをどうにかしようと、いつの間にかコーラルも、舌を動かす。
「ふ、あ、くちゅ…」
「ん…む、ぷ、ぁ…。」

唾液と唾液が混じり、粘った水音を立てる。
舌と舌が絡み合い、ざらりとした感触が、お互いの舌を這う。
甘い。味覚で感じないのに、頭がおぼろげとそう感じる。
脳が痺れる、すごく気持ち…良く、て…―。

「ふ…あ、ぷはぁっ…。」
ようやく、唇が離れて、コーラルは大きく息を吐く。

「――…舌入れろって最初に言ったのはお前の方だからな?」
「あ…ふ…。」
「コーラル…?」
ゆらり、とコーラルの身体が傾ぐ。それをあわてて抱きとめて、ライは初めて、この子の異常に気づく。

「…お、おい?」
「ふ…あぁ…ライ…?」
とろんとした目がこちらを向く。声と同じくぼんやりとした焦点。
「…な、なんか気持ち、いい…かと。」
「そ、そうか?」
「ん…熱い…。」
ぼんやりとした声。そして、なにを思ったか、自分のスボンに手をかける。

「お、い…!?」
「ん…。」
衣擦れの音も微かに、下半身を覆うものはあっけなく脱げてしまう。

ぽすん、という少し間の抜けた音の後に残るのは、
白い脚。そして、水気を帯びて照る女性の性器。
まともに見るだけでも、頭がくらくらするというのに。

「…いじって?」
「っ…!」

コーラルは、完全にライに身体を委ねていた。
くたりとした身体。服の隙間から見える秘裂は、
良く見れば、何かを求めてひくついている。

25 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:58:16
「〜〜〜〜〜ッ…く、そ。」
本当に正気を失いそうだ。自分の中の獣が、舌なめずりをする。
犯してしまえ、本能のままに、この子を食い散らしてしまえと。

最初のキスで主導権を握ったと思っていたのに、
あっという間に逆転をされた気分になる…勝ち負けの問題では、無いのだけれど。

「…どうなっても、しらねぇからな!」
自分へと言い訳をして、ライはおそるおそる、そこに指をあてる。
 それは、触れるというよりは、おっかなびっくり、
得体の知れないものを確かめるといった感じのものだったが。

「はぅっ…!」
びくん、とコーラルの身体が跳ねる。
息が一層荒くなって、ライの服が握り締められる、ぎゅう、と音がしそうなほど。

「ラ、ライ…っ、ボク!」

ぷつん

(ああ、もう――チクショウ。)

「コーラル…っ!」
「ふあっ、あ、あうううううッ!?」

もうまどろっこしい事なんてやってられない。今すぐ食べたい。
勢いのままに、指を差し込む、
中はやっぱり濡れていて、肉の感触が、生々しく絡み付いてくる。

「あ、あ、あふ、ひゃああああんっ」
かき混ぜるように、劣情をたたきつけるように、ライは指を動かす。
身体をくねらす、コーラルをもう片方の手でベッドに押し付けると、
膣を攻める指の動きは一層激しくなる。

「ひゃ、ひゃうんっ!だめっ、だめぇっ!」
駄目とか、知らない、聞こえない。

さっき散々あんなに、誘惑して、竜眼までかけて。
自分だって、それくらいしたいんだ、いや、してやる。やってやる。

「は…、はぁっ…!コーラルッ…コーラル…っ」
「ふぁ、あ、ライっ…く、ぅんっ…ふ、ひゅ、ふええっ。」

指が蜜をかき回して起こる淫猥な音。
涙目が、泣きを含んだ声が、自分の下で快楽にもがくコーラルの姿が、
ライをさらに駆り立てる。
 中で指を折る、かき混ぜるようだった指の動きはこするように、ひっかくように変わる。

「ひにゃあああああっ!?」
コーラルとは思えないくらいの声が上がる。
伸ばしてきた腕が、ひどい力で、ライの背中を抱く。

「や、やぁっ…やだぁっ…!な、なんか、なんかく…んむっ!」
再び唇をキスで塞ぐ、舌を絡めて、言葉を奪う。
離せば糸を引く唾液が、口に張り付いて冷たいものを残す。

「ライ、ライ…ッ、ボク、も…ふぅにゃあんっ!」

26 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 13:59:26
「駄目だ、まだ、いれてもいないんだから…!」
イくなんて駄目だ、もっと、貪りたい、もっと、もっと、もっと。

欲望が流れるままに、ライはコーラルの服に手をかける。

「…この、服、邪魔だよな。」
「ふぇッ…やっ…だめ、だめだよっ!」

制止など聞こえない。ぐい、と引っ張ると、
驚くくらいの脆さと予想以上の音で、コーラルの服は裂けてしまう。

「あ、あ、ああ…ぅ。」

肌が露になる。少女とも少年ともつかない、
まだ女の兆しも出てないくらいの平面な身体。
それでも、その絹のような美しさは、ライを魅了する。
息を呑む音、その一瞬だけ、あれだけ激しかった彼の動きが、思わずに静止する。

「…。」
「だ、だめ…触っても、たのしく、ない、かと。」

嵐の前の静けさというのは、こう言うことを言うのか。
たった一拍の静寂。
コーラルの言葉が引き金になったように、
ライの中を、再び言い表しようの無い劣情が支配する。

犯したい、犯したい、犯したい、犯したい、犯したい、犯したい。

味わいたいとか、指で苛めるとか、そんなのどうでもいい、どうでもよくなった。
挿れたい、このズボンの中で張り詰めてるこれを、挿れて、もう――――。

「わああああっ!?」
コーラルが腰を持ち上げられて、悲鳴を上げる。知識はあっても、経験が拙い自分でもわかる。

お父さんは、ライは、このまま――。

「…っ――そんなのやだぁっ!」

快感で散り散りになった身体に力を込めて、コーラルは、一瞬、ほんの一瞬。
ライと目があった瞬間、その瞳にありったけの魔力を叩き込んだ。

27 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 14:00:21
…目が覚めると、思った以上に低い天井。

――――頭がくらくらする、なんだ、どうしたんだっけ、俺。

「けだもの…。」
声がする。その方向に頭を向けると、
なぜかタオルをローブみたいに羽織ったコーラルが、視界に入る。

「コーラル…?」
名前を呼んでから、思い出す。竜眼を食らったその瞬間を、
そして、その前の情事というには余りにも乱暴な行為を。

ひどいことをした。
コーラルがタオルを羽織ってる理由も、
やけにはっきりしだした頭でなら、理解できる。

「…悪い。」
「…。」

謝るが、コーラルは答えない、
ぷく、と頬を膨らませ、ライをにらむばかりである。

しかしそればかりではラチがあかないと思ったのか、タオルに顔をうずめ、応える。

「…貴方が、あんなに積極的だなんて思わなかった。」
「俺も、意外…。」
ライもぽつりと返す。

あれだ、我慢してたから、それ分爆発してしまったとか、
そういうやつだろうと言いながら、自分で自分を納得させる。

28 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 14:01:34
「ひゃ…!」
「それにな、俺は別にそれでもかまわねぇって。」

寝かそうと肩を押すと、抵抗はなかった。白いシーツの上に裸体が横たわる。
ようやくベットの真ん中で出来ると、ライはそんなどうでもいいことを思う。

「いいの…、ほんとに。」
「ああ、いいからさ、な?」
念を押すと、コーラルはようやく安心したようで、にこりと笑う。

「…ばか。」
いつもの物言いに、思わず顔がほころぶ。

「ったく。満足したか?」
「もうひとつ…ボクも、貴方の、裸…見たい。」
言われて気づく。自分が着の身着のままだということに。

流石にこれでは不公平だ。
あわてて脱ぎ、コーラルと同じ姿になる。

覆いかぶさり、相変わらず硬さを失っていないそれをあてがうと、
流石に自分の心臓の音が耳元で聞こえる。

「――…勢いのまま入れたほうがよかったかもな。」
「緊張…?」
「っ…するぞ…。」

息を大きく吐く。そしてもう一度吸う。
思い切って腰を前に出すと、驚くくらいに抵抗は無かった。

「ん、あ…。」
「う…くっ…!?」
けれど一瞬で、焼けるような熱さと絞り出すような締め付けに変わる。

「あ、はぅ、う、んんんんっ!?」
それはコーラルも同じだったようで、
ぎゅっと目を伏せ、挿入の痛みに耐える。

29 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 14:02:24
「つ、あ…コーラルッ…。」

大丈夫と思ったのに。
穏やかだった心が途端に、先ほどの状態にまで引き戻される。
ひどい波、奥まで挿し入れると、火がついたように身体の中まで熱くなる。

「ライ、いいよっ…ボクなら、大丈夫、だからっ。」
「お…おぅ。」

促されて動き出す、少し動かすだけで肉が、蜜が絡む。
その度に、気を失いそうなほどの熱と快楽がライの意識を襲う。
気を抜けば、すぐにでも、果ててしまいそう。
それでも、なんとか正気を保って、動かす。

コーラルが気持ちよくなれるように、何とか自分が暴走しないようにと。

「は…ふっ…ライぃ…。」
「コーラル、気持ち、いいか…?」
「なんか、じんじんする…。」

はぁ…、とコーラルが甘い息を吐く。
この子を抱いている、こうなっている今でも信じられなくて、くらくらする。

「んっ…ライ。」
むず痒いのか、身体をよじりながら、コーラルがライを見上げる。
「どうした?」

「―…大好き、愛してる。」

かなり背伸びした言葉、口にするにはまだまだ自分は子供で…。
それでも伝えたかったから、コーラルは言う。

「…ばかやろ。」
ライはやはり、笑うとも、怒るともつかない顔で、それに答えた。


そして、何度かの後、二人は、甘い熱の中で、果てた。

30 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 14:04:05

鳥の鳴き声が聞こえる…

『こーらー、ラーイー、おーきーろぉーっ!』

そして、その中に混じるいつもの声に目を覚まされる、
むくりと起きると、ゴツリという衝撃が頭に走り、視界に星が飛ぶ。

ああそうだ、昨日はあのまま寝て、ここは二段ベッドの下のほう…。

「いってぇーッ…!」
「おはよう、ライ。」
痛みにもだえてると、笑いを含んだ挨拶が頭上から振る。

「…おう、おはよう、コーラル。」
「今日はボクが先…。」
そう言って、少しだけ得意げに胸を張る。

そんなコーラルが、いつもと違う服を着てることに気づく。
「それ…俺の古着。」

もっさりしたフード、オレンジを地にして、白のラインを走らせた、ライのお気に入りの服。
ややサイズは大きめで、袖が余っているようだが。

「ボクの服、昨日貴方に破かれたから…。」
抗議する目で、コーラルは言う。しかしすぐに照れ笑いに変わり。

「…似合う?」
「…おう。」

ライはこくり、と頷く。

『ラーイー!?コーラルー!?』

「いかないと、お父さん。」
「…だな。」

ライは立ち上がる。
着替えて、部屋を出ながらライはコーラルにおどけて言う。

「んだよ、昨日のあれは嘘かよ。」
「何…?」
「子ども扱いするなって。」
「…ボクは、ライの一番で、貴方の子供でいたいから。」

さも当然、という用にコーラルは答え、そして、ライの手を握る。

「欲張りだよな…ったく。」
肩をすくめ、ライは空いた手で、コーラルの髪をわしゃわしゃとかき回す。

「じゃ、行くとするか。」
「…うん!」
これ以上あの二人を待たせることは出来ない、
なんていったって、今日は休日なのだから。

「よし、遊ぶぞー!」
「…はしゃぎすぎるのは、駄目かと。」

ライの気合と、コーラルの釘指す言葉を残して、部屋のドアが閉められる。
開け放したままの窓からは、春風が吹き込んでいた。

31 :トレイユ語録【竜の秘史】:2007/01/06(土) 14:05:51


  ■エピローグ

  この語録は、トレイユ宿場町での隠された伝承の一つである。
  史実であると言われた話なので事実ではない・・・。

32 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 15:23:18
あれ?ここってPINK?

33 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 15:45:32
>>32
ネタ雑談のような・・・でも乙!

34 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 15:45:49

で?性別はどっち??

35 :ライ:2007/01/06(土) 15:59:21
では俺がコーラルについて紹介してやろう。
なんせ名付け親だからな・・

 ●公式画像
  http://2-10.jp/up/upload.html

  18576、18577、18578
  パスは ss

  18579
  パスは 0000



36 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 16:59:57
定期カキコ

サモンナイト虹板保管庫
ttp://samonai.s4.x-beat.com/
お絵かき掲示板
ttp://w6.oekakies.com/p/samonai/p.cgi

37 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 17:00:51
http://samonai.s4.x-beat.com/cgi-bin/img-box/img20061228005835.jpg

38 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 17:01:55
http://samonai.s4.x-beat.com/cgi-bin/img-box/img20061208202254.jpg

39 :名無しになりきれ:2007/01/07(日) 18:14:34
 


40 :名無しになりきれ:2007/01/07(日) 18:16:29
 

41 :名無しになりきれ:2007/01/08(月) 23:05:45
帝国に捕まったらどうなるの??

42 :名無しになりきれ:2007/01/09(火) 01:06:29
攻略としてはATとMATはどっちが有利かな??

43 :名無しになりきれ:2007/01/09(火) 01:51:24
安堵の息を漏らすライ。と、同時に頭に響く痛み。ギャグコントみたいに金物が脳天に直撃したのだ。
鈍い痛みが其処に広がり、思わず声を漏らす。
「ごめん、お父さん…ボクの所為で」
謝罪の言葉を述べるコーラルに、ライはふ…一瞬だけ笑いを浮かべ、その身体を離し、水に濡れた髪をくしゃ…と撫でた。
コーラルはその感触に首を傾げると、顔をゆっくりと上げ、ライのことを見上げる。
「気にすんなって。それに元はと言えば頼んだのは俺だぜ? 寧ろ、オレはコーラルに怪我がなくてよかった。頼んでおいて怪我なんてさせちまったら、嫌だしな…。と、片付けとかないとな。コーラル、おまえは先に着替えちまってくれ」
笑顔は苦笑に。その髪の毛からゆっくりと手を離し、しゃがみ込んで地面に落ちた鍋を拾おうとするライ。
すると、ふわ…柔らかな物が自分の頭のコブに触れた。顔を上げると、其処には水に濡れた翡翠色の衣服が間近に迫っていた。
「コーラル…ん…」
摩られると微弱な痛みと気恥ずかしい感情が押し寄せてきて、頬を微かに赤く染めたライはコーラルの服を見つめたまま、
その名前を呼ぶ。頭に乗った小さな手はまるで腫れ物を扱う愛撫のように其の隆起を撫で、
凹凸の部分(頭とコブの境目)を指の腹でくすぐり、玩具を扱うかのように刺激を与えていく。
――言っておくが、コブを触れているだけである。
「お父さん…。もっと自分のことを大事にするべきかと…んっ……ちゅ」
「うく…!?」
其の言葉を聞いた瞬間、頭の項に触れる柔らかい物。音から察知するに、唇でも触れたのだろうか。
ちゅ…ちぅ…と吸い上げられる感覚は異質であって、声を殺すようにする。痛みと何か釈然としない感じが押し寄せるが、
此処は堪えるのが漢。ライは最大限の理性を振り絞りながら、何してんだ…? と必死に問いかけた。
「傷には唾液が一番だと、本に書いてあったから」
「其の出版社、後で殴る…っ!」
押し込み強盗、此処に完成。そんなことをしている間に、とろ…とした唾液が頭に染み渡る。
生暖かいそれはじわ…と髪の毛の中に染み込んでいき、それを指先で弄ぶように伸ばされる。
ライは得も知れぬ感覚に身を振るわせ、熱くなってきた吐息を吐き出し、誤魔化そうと、再び顔を伏せ――其の視界に何かを見た。
水に濡れた衣服。細身ながら、形の良い湾曲、臍の形まで浮き彫りになるほど濡れたコーラルの身体…。
その股の間に何やら浮き彫りになっている膨らみ。それが自分が持っているものと同じだと気づけば、
(あぁ…こんな風にコイツの性別を知るなんてな……。)
と、眼を伏せ―― 一拍。

「ちょっと、ライッ! アンタ、さっきから料理来ないんだけど、何してんのよ!?」
「うおおあおあ!?」
一拍の間に響き渡ったリフィルの声。まるで相対する磁石のように、コーラルから離れたライは、
落ちた鍋を掴み取り、何事もなかったかのように空笑いを浮かべた。
「いや、鍋が落ちちまってさ。ちょっと拾ってたんだ! 他は何にもないからな!?」
「あ、そう……なんか怪しいわね。そうやってなんか言おうとするところが」
「………」
怪訝そうにライを見詰めるリフィル。苦笑いのまま、落ちた鍋を洗うライ。其の二人の様子を無表情で見詰めるコーラル。
今一瞬の出来事は簡単に流れてしまい、また何事もなかったかのように日常が始まる。

44 :名無しになりきれ:2007/01/09(火) 19:17:08
リフィルってリシェルの間違い?
それともわざと?

45 :名無しになりきれ:2007/01/09(火) 19:27:02
キモ

46 :名無しになりきれ:2007/01/09(火) 21:20:16
 ■ライとコーラルのほのぼの日常。完全版


「よし、此処でこれを使ってと……。おーい、コーラル! 其処の皿取ってくれるか?」
「…うん」
此処は宿屋『忘れじの面影亭』。今の時間はランチタイムとあってか、混雑が予想される時間。
その予想は勿論当たりであり、主人であるライは鍋を振るいながら料理を続ける。
先程言われた通り、コーラルが机に置いた皿に香ばしい香りを放つチキンライスを盛り付け、
その上に半熟玉子の生地を載せ、
下味を付けたトマトソースを乗せ、オーダーであるオムライスが完成する。
玉子のとろみとご飯の旨味を生かした力作だ。

「リシェル! オムライス出来たぞ! 早く客に持ってってくれっ!」
「もう…言われなくても分かってるわよっ!」
テーブルに置かれたその料理を、何処から現れたかリシェルがお客の元へと持っていく。
満足そうな表情のお客の様子をカウンターから見ていたライは、へへ…と僅かな笑いを浮かべていた。
満ち足りた日々。普段と変わらない日常。
そして、料理人として誉められている自分。まぁ、足りない物といえば、色恋沙汰なのだが…。
今の彼には必要ないと見えた。現時点では――なのだが。

「さて……次の作っちまうかっ! コーラル、次のオーダーはなんだ?」
ライの声に反応して、翡翠色の衣類を纏った竜の子は、微かに首を傾げ、
メモ帳のページを覗き見た。書いてあったものは――。
「海賊鍋と……グリーンサラダかと……」
「分かった。そんじゃ、その棚から鍋取って、水入れて持ってきてくれ」

何も言わず頷いたコーラルは言葉通り食器棚から小型の鍋を取り出し、
用意されていた天然水を注ぎ、ライの元へと持っていこうとする。
何処となく覚束ない足取り。小型と言えど、
満杯まで注いだ水は今にも毀れそうなもので…。
「って、コーラル!? 何、そんな注いでんだ!?」
ライが驚きの声を放つが、コーラルは至って普通と言うように彼のほうへと歩いていく。
だが――その瞬間。

「あっ!」
「コーラル!?」
がつん。いい音がした。棚の下の格納スペースからはみ出していた鍋の取っ手に
コーラルの脚が思い切りぶつかっていた。
そのまま凭れ掛かるように前に倒れていくコーラル。
両手に持っていた鍋は既に手放され、空中に水飛沫を零しながら、舞う。
その瞬間を見ていたライは咄嗟に駆け出していた。
守らないといけないという本能からか、倒れこむコーラルの元へと走り、
庇うようにその華奢な身体を抱きしめる。「あ……」と僅かな呟きをコーラルが漏らすと同時、

上空を舞っていた鍋が――。

かーん。

「いでぇっ!」
「お父さん…!」
コーラルの手から開放された鍋はそのままライの頭に直撃した。
どれだけ飛んでいたのかは分からないが、
中に貼っていた水は御互いに降り掛かり、その衣類が濡れる。
身体を襲う冷水の寒気にくしゅっ…と小さくコーラルがくしゃみをすると、
ライは現実感を取り戻したように、コーラルのことを見据えた。
「大丈夫か? コーラル…」
「うん…貴方が守ってくれたから平気かと…」
「なら良かったぜ…。いつつ……」


47 :名無しになりきれ:2007/01/09(火) 21:20:33
安堵の息を漏らすライ。と、同時に頭に響く痛み。
ギャグコントみたいに金物が脳天に直撃したのだ。
鈍い痛みが其処に広がり、思わず声を漏らす。

「ごめん、お父さん…ボクの所為で」
謝罪の言葉を述べるコーラルに、ライはふ…一瞬だけ笑いを浮かべ、その身体を離し、
水に濡れた髪をくしゃ…と撫でた。
コーラルはその感触に首を傾げると、顔をゆっくりと上げ、ライのことを見上げる。

「気にすんなって。それに元はと言えば頼んだのは俺だぜ? 
寧ろ、オレはコーラルに怪我がなくてよかった。頼んでおいて怪我なんてさせちまったら、嫌だしな…。と、
片付けとかないとな。コーラル、おまえは先に着替えちまってくれ」

笑顔は苦笑に。その髪の毛からゆっくりと手を離し、
しゃがみ込んで地面に落ちた鍋を拾おうとするライ。
すると、ふわ…柔らかな物が自分の頭のコブに触れた。
顔を上げると、其処には水に濡れた翡翠色の衣服が間近に迫っていた。

「コーラル…ん…」
摩られると微弱な痛みと気恥ずかしい感情が押し寄せてきて、
頬を微かに赤く染めたライはコーラルの服を見つめたまま、
その名前を呼ぶ。頭に乗った小さな手はまるで腫れ物を扱う愛撫のように其の隆起を撫で、
凹凸の部分(頭とコブの境目)を指の腹でくすぐり、玩具を扱うかのように刺激を与えていく。

――言っておくが、コブを触れているだけである。

「お父さん…。もっと自分のことを大事にするべきかと…んっ……ちゅ」
「うく…!?」
其の言葉を聞いた瞬間、頭の項に触れる柔らかい物。音から察知するに、唇でも触れたのだろうか。
ちゅ…ちぅ…と吸い上げられる感覚は異質であって、声を殺すようにする。
痛みと何か釈然としない感じが押し寄せるが、
此処は堪えるのが漢。ライは最大限の理性を振り絞りながら、何してんだ…? と必死に問いかけた。

「傷には唾液が一番だと、本に書いてあったから」

「其の出版社、後で殴る…っ!」
押し込み強盗、此処に完成。そんなことをしている間に、とろ…とした唾液が頭に染み渡る。
生暖かいそれはじわ…と髪の毛の中に染み込んでいき、それを指先で弄ぶように伸ばされる。

ライは得も知れぬ感覚に身を振るわせ、熱くなってきた吐息を吐き出し、
誤魔化そうと、再び顔を伏せ――其の視界に何かを見た。
水に濡れた衣服。細身ながら、形の良い湾曲、臍の形まで浮き彫りになるほど濡れたコーラルの身体…。

その股の間に何やら浮き彫りになっている膨らみ。
それが自分が持っているものと同じだと気づけば、
(あぁ…こんな風にコイツの性別を知るなんてな……。)
と、眼を伏せ―― 一拍。

「ちょっと、ライッ! アンタ、さっきから料理来ないんだけど、何してんのよ!?」
「うおおあおあ!?」
一拍の間に響き渡ったリシェルの声。まるで相対する磁石のように、コーラルから離れたライは、
落ちた鍋を掴み取り、何事もなかったかのように空笑いを浮かべた。
「いや、鍋が落ちちまってさ。ちょっと拾ってたんだ! 他は何にもないからな!?」
「あ、そう……なんか怪しいわね。そうやってなんか言おうとするところが」

「………」
怪訝そうにライを見詰めるリシェル。苦笑いのまま、落ちた鍋を洗うライ。其の二人の様子を無表情で見詰めるコーラル。
今一瞬の出来事は簡単に流れてしまい、また何事もなかったかのように日常が始まる。

――どことなく、歯車が狂ったような感じもするが、それは別のお話。

48 :ライ:2007/01/11(木) 19:52:44
恋人あげ!

49 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/13(土) 01:57:10
             /,. -―----一ァ
           / "´       ̄` ー . ___,
        /       _   、        /,. 、- ‐ ァ
      /´        `ヽ  ヽ    ,.  ' ´:.:.:ヽ !/
     /             ヽ `_<::::::::::::::::::/
     l     ィ、          ヽ \ ::::::::::::/7
      l     ! l    ヽト、    、 }  __ゝ::/    `ァ
     {     l_!    !_、  l∨ l く       /
      从   {_.l     !__ヽ |  ├‐- 、   トく
     ノヘト、: |Tlcヽト  }「|fc}从!  lr¬/ヽ  !
       ト lヽ廴リ  `ヽ八_ノl     |!イ    ' ,
        /l {! |.!  ・     }/!    l     __,.ゝ <久々の降臨・・かと
         l トレ 、   __    '´ l  ,イ !  ,.ヘ _,.ゝ
         | ハr=ニ> _,. ィ' ヘ7/.l/! ̄ ̄7、
        l/ \:.L:.:.:.:.:.;.| //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../ \
              >:.L/  ヽ:.:.:.:.:.;. ─-- 、  `ー-  ._
         ,'´ \;._〉__/_,/:.:./l      ヽ、._     ` 、
         l lr:./,. -=ミ 、:.:.:.:.:.l       \` ー-- _  ヽ
            ! レ':.{(.(⌒) ).}:.:.:.:.:l           \     `rュト
            l/:.:.:ヽ、 ‐_,.'ノ:.:.:.:.:.:.,  `ヽ      \ _/   ゝ、
            {:.:.:.:.:.:.< >:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   /\     \`ソィ  r!
          l:.:.:.:.:.:.<_>:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,  l   \      \ l! /
             !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:;;.:.:.:.:...,l     \     ヽ∨

50 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/13(土) 02:55:32
・・・C71でボク×リュームの本が現存する、かと
情報開示、是非・・・



・・・リューム・・・誰?

51 :名無しになりきれ:2007/01/13(土) 22:14:08
コーラル召還!

52 :名無しになりきれ:2007/01/14(日) 18:11:53
コーラルは死んでしまったのか・・・orz

今日ファミ通のサモンナイト4の評価みたけど 8×4で32点か・・・。
あの忌まわしきFF12に負けるとは・・・(FF12は40点満点)

53 :名無しになりきれ:2007/01/14(日) 18:53:23
40点が相手じゃ勝てなくて当然

54 :コーラル:2007/01/14(日) 22:36:45
                 ,ィ
         ハ _ ,. -‐ '_ノ     __
       / _'´        ̄ ̄ /_
.      ノ/´. ,           ̄/
     /  /,イ            ` 、 ____
     ,'  / ./ .i   !    ヽ ヽ-‐::::::: ̄Z Z::Z  ̄ フ
.    {  ハ.,'._ !  .ト   i    ',  ゝ::::::::::::::Z Z::Z_,. '´
     }ハj゙fr 、`ハ 、├ヽ ト、 v、j、 }_:::-t= ゝ ¨ ̄    降臨上げ!
    ム./ {:jl}  V,zニ.,_リ`y\! ,'レ' /  ヽ.
     /{ j`'゚     {::jl::ト//  .,'`、/|  _,.ゝ      ,. ‐-  .
.   /_ ! ','' `   .``ー゚/   /_ノ /{ t┘    ,.  '゙       ゙ヽ
     ゙`レ、 ト ,` ー "∠   /-::'´:ト"_ ,. '    ,..  '  ´ ゙ヽ_ノ
        `ヽ.`‐,≦´/,.イ /: : :.__j、__    __,. '        / ~`ーz
           (`'く,ゝ:レ': :./ _ヽ、  ̄               jハ. __ノ _
            ヽ, /: :¨ :´{.  '   ヽ             __ ,. ..::::´:::::::::: ̄::.:' ー-
            `!:,, ニ.、: :} {     \n/ソ)     く:: /´::::::::: r-‐'⌒'⌒` ' ‐
             {:{{ 0:.}}: :i   , t'     ``く.      ,./:::::,:::t‐-´\
.             ',:゙'i r': : :.ゝ. '  `゙j:t 、.    `ー<::;{::::::!::::」 \:.:ヽへへ
                ',:.U: : : :.:.:.ヽ-='/::l  `'r‐.、 _     `'' .、ゝ.  ): : , 'ンク'),、
              ヽ: : : : : : : : : : : :.:ト.、_/: : \!`: 、 _    `゙ <: /  ' ,. ノ
                ',:ハ: : : : : : :: : : ヽ.: : : : : ,j: : :/:::`::..ー- ..,, `    /
                  j!:.:.\: : : : : : : : :ヽ/ ̄: r´ー,:::::::::::::::ヽ―':`ー .. __ つ _
                    / ヽ:.:.:.:ヽ, : : : : : : : :.\: : :`く_:::::::「`¨ ー.`: : : :__r-‐' /: :
                /   .',:.:.:.:. j: : : : : : : : : : : :ヽ、 :  ̄``: : : : : : : {   __⊥.:.
                  ̄}   ,:.:.:.:.:.` 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/`7ーr┘ .,_|: : : : : :
               {_/i\:.:.:.:.:.:.:ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :.:.`く:.:/: : : : :`: : : : : :
              / .:./《:》ヽ:.:.:.:.:.:.ヽ__ : : : : : : : : : : : : : :`: : : : : : : r‐- ,,
                  ̄¨7:.:/{《:》`:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : : : : : : : : : : : : ;./\: : :./

55 :名無しになりきれ:2007/01/15(月) 19:47:00
きめぇw

56 :名無しになりきれ:2007/01/15(月) 23:33:56
俺は新しい方のFFはあまり好きじゃないので倍のショックだ…

57 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 02:10:25
コーラルたん・・・

58 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 20:22:35
コーラルはみんなの心の中に・・・

59 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 20:22:51
性別:おとこ(確立88%

60 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 20:43:37
根拠は?

61 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 22:27:54
>>60
 ・自分をボクという 20%
 ・普段の容姿があまりに無骨というか無防備 15%
 ・大人しい性格なだけだと ミルと全く変わらない 15%
 ・ときおり見せる荒々しさは女性にはない 15%
 ・服装で露出がすくない 空き缶のようだ 15%
 ・ライが主人公の場合 ライがノーマルだとすると 
  普段部屋で生活するにはあまりに兄弟のように普通に接しすぎている 10%
 ・トドメ。女性(女の子)と課程するとあまりに不甲斐ない 8%
  (萌えも甘えもブリっ子らしさも、誘惑も感じない。
  性別どちらでokとして百歩譲っても、女の子してはやってけないのは?)

62 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 23:01:34
( ゚д゚ )

63 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 23:02:53
>>61
ボクっ娘はそういうもの、かと

64 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 23:06:23
>性別どちらでokとして百歩譲っても、女の子してはやってけないのは?
意味不明…かと

65 :名無しになりきれ:2007/01/16(火) 23:55:40
>>61
露出が少ないと男の可能性が上がるのは何故?

66 :名無しになりきれ:2007/01/17(水) 20:33:41
露出というか半ズボン仕様はないのか
着物仕様

67 :名無しになりきれ:2007/01/20(土) 00:55:37
http://kasamatusan.sakura.ne.jp/cgi-bin2/src/ichi70538.jpg

68 :名無しになりきれ:2007/01/20(土) 01:32:02
あれから数ヶ月。

ギアンの一騒動も終結を向かえ、あの頃の・・・戦いの日々をおもいだしていた。
猛省、まわりへの過度の迷惑、怯えと恐怖、あらゆる感情を表した日々だった・・・気がする。

あれからボクは口調が変わった気がする。
お父さんは、表情が豊かになったとかしゃべり方が、今でもちょっと堅いが
自然に喋るようになったと褒めてくれた。

自分でもお客さんに進んで会話をするようになった。
天気やらシルターン自治区の話や帝国領の話、毎日のレシピの話やいろいろ
自分が三味線が好き、と言ったら今度劇場へ行こうと誘われたりもしたし
お茶やおせんべいの話をしたら、味付けとか産地とか面白い話が聞けた。

毎日がこれほど楽しかったなんて今まで感じた事がなかった。
この宿に初めて訪れた時、そして継承を行った直後と
頭の中は自責の念で一杯だったが、今は全く感じなくなった。
お父さんは、それが自然体で普通なんだぜ、と笑顔返してくれて
ふと顔を赤らめてそうだね、と笑顔返していた。

これからどうしようかと悩んでいる・・・そしてある事を考えていた。
竜の禁呪といえる究極の特技。それは竜の全知恵と能力を他の人物へと継承させる技。
これは竜が生前中で病気などでその能力が使えなくなったとき、
やむを得ず、竜の能力のみを御使いや妖精、あるいはニンゲンやアロザイドなどへ継承するもの。

実は、つかいたい・・・かと。至極、極まりなく。
この状態で使えば、恐らく能力は永久に失ってしまうし、
竜の長寿もなくなり、ニンゲンとほぼ同じ年の取り方をしてしまう。
でもそうすればお父さんともずっといられるし・・・。

問題はだれに継承するか。継承すればボクは竜の姿を永遠に失うだろう。
ニオイを感じたり、魔力を嗅ぎ分けたり、当然召喚術まで使えるかどうかも・・・微妙。


  お父さんへ強気で継承させる。
  セイロンに脅して継承させる。
  ポムニットさんに流し目で継承させる。
  宿にきた客に継承させる。
  猛省・・・やはり止めるべき、かと

69 :名無しになりきれ:2007/01/20(土) 01:58:41
おとこのこがいると聞いて来ました

70 :名無しになりきれ:2007/01/20(土) 02:35:12

  セイロンに脅して継承させる。


竜眼・・・相手を金縛りにし身動きを取れなくなる技。
何気なく呼び本当に無防備だった一瞬の隙をつき、セイロンへ掛けた。
いや・・・この行為そのもので相当の反逆行為なのかもしれない・・・。
「御子様・・・どうして・・・。我に対してこのような事を?」
「ごめん。今日はこうでもしないと聞いてくれない、かと。」
ボクは今の思いの全てをぶつけた、もうどうなってもいいと思った。
やがて終始うつむいていたセイロンは穏やかな顔でこう言った。

「御子様。貴殿の悲痛なる思い!このセイロン確かにお受けしました。
その秘術は御子様1人では危険な事も承知です。そこで協力もしたいですし
お渡ししたいものもあります。まずはこの体を。」
「・・・うん。ごめんねセイロン。」
竜眼を外した。まだしびれは残っているのか。その瞬間にセイロンは肩を上下に震えだした。
様子がなにか変だ。
と・・・その瞬間、「ホォォォォ・・・・」ストラの息吹が一瞬と思った瞬間。
ボクは宙をなぜか舞っていた。なにが起こったのか分からなかった。
しかし床に叩き付けられた瞬間、激痛が走った。
「・・・いたぃ・・・」思わず呻いた。

そこには、何時いかなる時でも冷静さを保っていたセイロンの顔ではなかった。
下目遣いの鋭い眼光。まるで虫けらでもあざ笑うかのような冷徹なる目。
一瞬恐怖を通りこして・・・そう殺される・・・瞬間的に感じだ。
「御子様・・・貴方は何を考えているのだ。我らの思い、恩の全て、先代の意志、
全てを裏切るのですか・・・」
「・・・あ・・・。」
その瞬間、さすがは竜の御使いの相談役までの者。ボクは諭されるか、
徹底的に平手打ちを食らった。

何分経過したのだろう。たたずむセイロンは息を切らしていた。
ボクは全身着衣も乱れていたのだろうが、顔も相当叩かれ、全身が疼いていた。
泣いていた・・・。

「・・・考えを改めなさい・・・」
セイロンは後ろを向いて、この宿屋の一室。紫電の間を出ようとした。
「・・・いやだ・・・ボクはニンゲンになるんだ!」
必死の抵抗をした。
その瞬間一気に近づいたセイロンは蹴りをだした。
「やめろ!」お父さんの声だ。

こんな人外れの丘の宿屋。それも2階であれだけ騒ぎまくった訳で・・・。

結局、猛省・・・。
ボクを中心にリシェル、ルシアン、お父さんにグラッドさん、ミントさん、奥にリビエル、セイロン、アロエリがなにかもめている。

最終的に、お父さんがボクに「コーラル、いいかよく聞け、お前の判断は間違ってる!いやオレには少なくともそう思う!
でもな・・・お前がこれは決めることであり、オレはお前の意志を尊重したい!」
最初厳しい口調で訴えたが、次第に半分泣きそうな悲しい顔でそう言った。
お父さんもやはり、こんな展開、これに近い事を望んでもいたようだ。

ボクは・・・。


  竜の継承を行い、ニンゲンになるんだ!
  望みが叶わないなら、みんなをここで・・・。
  ・・・ごめんなさい、間違い認可・・・。

71 :名無しになりきれ:2007/01/20(土) 16:24:11
 

72 :名無しになりきれ:2007/01/21(日) 13:13:04
http://www.oekakibbs.com/bbs/poo_themefan/data/88250.png

73 :名無しになりきれ:2007/01/21(日) 13:30:08
http://www.oekakibbs.com/bbs/poo_themefan/data/88206.png

74 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/21(日) 21:58:00
今日も来訪。

先週から、日記付け始めたので、記す
(二段ベッドの1番下に隠してある・・・)
お父さんに見つかると 危険・・・


1月20日

甘辛せんべいが食べたい・・・と
お父さんに言ったら「買ってこい」と言われる。
ずっと給仕の仕事、ときどき皿洗いの毎日・・・
でも先月からこの世界の通貨B(バーム)を渡される。
数ヶ月前のたたかいの毎日だったとき、
お父さんはなぜか勝利する度に、
帝国の軍人が月に支給(これはグラッドさんから聞いた)される
給与を遙かに超える額、を
懐にしまっていた。

あのお金はどこに消えてしまったのだろう??
アカネさんは、「金庫の中に決まってるでしょ?」と言った、が
金庫・・・鉄壁・・・無理かと
明日は、おせんべいとお茶を買いに行く予定
寒いのでお父さんの防寒着 借りる予定

75 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/22(月) 21:00:08
さむい・・・だれか暖めて

76 :蛎崎家次男 ◆A/jwt/fEIw :2007/01/22(月) 21:02:06
>>75
しゅっ

おめーの服にマッチの火つけといてやったぞw

77 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/22(月) 21:07:11
>>76
 ・・・(きょとん)

貴方は・・・虐めるの 好きな方、かと
以後、つつしむこと そしたら許す・・・

78 :蛎崎家次男 ◆A/jwt/fEIw :2007/01/22(月) 21:09:13
>>77
割腹(つまり切腹自殺な)して詫びる。

その前に軍勢5万でお前を(ry


79 :ライ:2007/01/22(月) 21:56:22
ワイヴァーン!

ガトリングフレア!!

80 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/23(火) 20:28:13
今日・・・気分よくお茶を飲んだ

毎日がつらいと思った時・・・ここにいる、かと

81 :名無しになりきれ:2007/01/23(火) 20:33:12
人生に疲れるの早っ!
お前まだ0歳だろwwwwww

82 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/23(火) 20:38:04
>>81
   ・・・(こくん) 
   年齢はニンゲンでいう
   0歳かも知れない・・・かと

   でも・・・環境も違うし
   お父さん達以外
   あまり誰も 相手にしてくれない

   貴方は・・・ボクを助けてくれるかと・・・

83 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/23(火) 20:38:52
人に心配かける、ダメなのに

お茶を買ってくるね・・・

84 :名無しになりきれ:2007/01/23(火) 20:49:06
つ【煎餅】
つ【玉露】

85 :名無しになりきれ:2007/01/23(火) 20:51:31
つ□

これは「ようかん」っつーシルターン独特の菓子だ、甘くて茶に会うぞ。
あと>>84、玉露は人肌程度の温度が一番いいぜ。

86 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/24(水) 00:41:10
オヤカタ「ムイ! ムイムイ!(あっ……ライさん、
     お、おはようございます……)」

ライ「おう、オヤカタおはよう。ミントねーちゃんも」
ミント「うん、おはようライくん」

オヤカタ「ムイムイ!(ちょ……このデカパイ女!
     しゃしゃり出てくるんじゃないわよ!)」

コーラル「………………」

ライ「ん? コーラル、どうしたんだ?」

コーラル「別に……」

87 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/24(水) 00:42:51
>>85
善哉、善哉・・・

貴方の気持ち、伝わった・・・かと

88 :名無しになりきれ:2007/01/24(水) 00:49:49
>>84に関しては特に反応しないコーラルwww

89 :名無しになりきれ:2007/01/24(水) 00:56:04
>>86
わよ!?
わよっつたのかこの召喚獣!!
うおおおおぃ、「オヤカタ」なのにメスなのかよwwwwww

ミントさーん・・・

90 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/24(水) 21:13:40
>>84
あ・・・ありがとう、かと
最近 注意散漫・・・

>>88
そんなことない・・・かと
皆の行為 心に止めてる

>>89
オヤカタは お父さんが古妖精との「響界種」・・・だと
知っていたよ。

時々本音・・・話してた
ミントさん・・・を守るって

シンゲンさんは「オヤカタが雌だったら
「オクガタですねぇ」・・・と言ってた
オクガタって・・・?

91 :コーラル ◆CORal/BzZQ :2007/01/24(水) 21:14:44
不思議なこと・・・が

シンゲンさん・・・妙にボクと接近して
話しかけてきたり、とか
あれはいったい・・・?

92 :名無しになりきれ:2007/01/24(水) 21:29:45
きっとシンゲンさんは子供好きなんだよ
これが一番平和的な答えのはず…

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)