5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なんでもいいからここをTRPG系スレにしろ

1 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:20:38
ジンギスカンテラウマスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:22:58


3 :ジンギス・カン:2006/12/28(木) 20:24:13
ではワシがTRPGをしようか。

4 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:29:53
なんでもありキボンヌ

5 :ジンギス・カン:2006/12/28(木) 20:33:01
侵略する。

6 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:37:41
名前: 
肩書: 
年齢:(見た目の年齢) 
体型:(大柄・中背・小柄)(痩・中・太) 
種族:(人間しかいないなら省略可)
職業: 
性別:(不明でも可)
技能:(魔法等)
装備品:(書いて無くても裸というわけではない)
容姿:(醜い・普通・美形)(髪や肌目の色等)
その他:(設定等)



7 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:38:53
何でもアリTRPGシナリオ案
舞台:パラレル日本?

西暦20xx年。日本は巨大企業マルハーゲ製鬘会社に支配されようとしていた。
その会社の最大の部位は社長、鶴蔓里奈が自ら指揮をとる特殊部隊、毛ガニ隊。
鋭いはさみを持つ無数のカニを自在に操ってありとあらゆる動物の毛を刈っていく恐ろしい部隊である。
そこで刈った毛を使ってヅラを作ってはハゲた人に売りさばき、巨大企業に成長したのだ。

そして今、そんな悪の巨大組織に立ち向かい、毛の平和を守る英雄達の物語が始まる!!

8 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:39:37
クロスオーばーバトル 越境専用!!


9 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:41:03
越境クロスオーバーバトルをやっている横で
ケガニ隊との戦いの物語が進行する新感覚スレで。

10 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:44:33
死んだキャラのみ越境可
あの世対戦

11 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:45:53
パラレルニッポンはもの凄く賛成

12 :ジンギス・カン:2006/12/28(木) 20:46:13
用意してあったように投下されてるなあ。

13 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:47:05
オザワとツインテール禁止

14 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:49:36
http://brown.gazo-ch.net/orz/read.php/thread/18/1153034/
こんなスレ作ってみた

15 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 20:51:29
コウガ隔離TRPGスレにしたら?

16 :ジンギス・カン:2006/12/28(木) 20:52:19
ワシもジンギスカン食いたい。

17 ::2006/12/28(木) 20:57:24
メケメケー

18 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 21:40:52
ジンギス神辺

19 :名無しになりきれ:2006/12/28(木) 22:49:08
大変だ!カニザー隊長率いる毛ガニ隊第一部隊が来た!!
助けてーー!!ジンギス・カーン!!

20 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 00:14:06
http://etc5.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1166509177/l50

こっちのスレをどうにかしてからにしろ

21 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 00:17:03
タコも?

22 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 10:55:20
日本パラレル
なんでもあり

この条件でコテとして参加したい奴とりあえずてんぷら投下してくれ

23 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 12:38:46
じゃあ俺はファンタジーものを始めよう

24 :ヤム飯 ◆aFNWH1Hq1w :2006/12/29(金) 16:04:57
肥満キャラオンリーで

25 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 16:42:42
>>24
ここにこられても困るな

26 :チンギス花子:2006/12/29(金) 17:37:27
↓うっせーカス

27 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 19:04:07


28 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 19:05:21
そこに世界あり・・・
人々は戦いお互いを高めあう

29 :コテ志望:2006/12/29(金) 19:51:01
参加したいんですけど無理ですかね?

30 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 19:52:14
てんぷっれ!!かいてこ〜い

31 :ジンギス・カン:2006/12/29(金) 20:02:50
このスレ立て逃げしたのって再利用のふりするためかのう?

32 :始めるよ〜:2006/12/29(金) 22:31:24
ここは平和なナナイータ王国・・・
百年もの間、戦争も無く平和そのものだった国
しかし、そんな王国に様々な魔の手が伸びる!
王国を守るために今、国中から勇気ある者達が立ち上がった!!




33 :始めるよ〜:2006/12/29(金) 22:39:42
ルールは簡単!
・決定リール・・・有
・変換受け・・・有
・レス順・・・無
・GM・・・無
・名無しネタ・・・有
・版権キャラ・・・有
・越境キャラ・・・有
・最強厨・・・有
勢力は王国軍と侵略軍に別れているぞ!!

テンプレ
名前:
勢力:
性別:
性格:
特技:
装備:
解説:

版権キャラは原作ネタを明記すること!
まんまパクリはダメだからな!!

34 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 22:52:14
なんでまたそんなに急いで始めようとするんだ?

35 :名無しになりきれ:2006/12/29(金) 22:54:54
変に世界設定作らずに始めようとするのは評価してやるよ

36 :天魔神超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2006/12/30(土) 06:06:31
名前:天魔神超紅
勢力:侵略軍
性別:女
性格:冷静
特技:相手の技を見ただけで自分も使用できる。
全属性吸収、状態異常無効化。
相手の能力だけを打ち消すオーラを常時発動。
装備:神槍グングニル
解説:最強厨決定戦が行われると聞いて、異次元からやってきた最強厨。
誰かが挑戦してくるまでは戦いを観戦。

「ボクに勝てる存在などいないので、皆さんの戦いを楽しませてもらいます」

37 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 08:28:10
GMいないから、どう処理するんだろうね。

38 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 08:48:13
その時世界は消えた
いわゆる容量オーバーである

39 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 09:04:32
名前:神
能力:無敵で永遠に不死身
   何かあって消滅しても復活
   不条理である

40 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2006/12/30(土) 09:24:21
>37
ボクはGMが出てきても、収まらないような気がします。

>38
消えたらまた造りましょうか?

>39
あなたと戦うと、永遠に決着が付かない気がします。
ボク達がずっと戦うスレになりそうですね。

41 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 09:43:54
>>39>>40が永遠に戦うスレでいいんじゃね?GMいないし、コテ名乗ったのはあんたら二人だけだしさ。

42 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 11:01:50
>41
あんまり僻んでるとますます株を落とすぞ発案者

43 :40:2006/12/30(土) 11:51:12
俺、発案者かよ。orz
>>41、テラヒドス。

44 :40:2006/12/30(土) 11:52:17
アンカーミスった。o...rz
半年ROMってるわ。

45 :1:2006/12/30(土) 12:57:56
>>42
一つ言っておくけど発案者は俺だよ。
TRPG雑談所で新しいTRPG系が産まれそうだから立てただけ

46 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 13:24:05
つまり、>>1が早漏ってことでFA?

47 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2006/12/30(土) 13:25:56
>41
超紅は、強敵の出現を感じ取っていた。
久しぶりに、まともな【戦い】が出来るのだ。
彼女はその予感に心を躍らせて…
みたいな感じですか?
残念ながら、まだ敵と決まったわけではないですよ。
後、アンカミスなんて細かい事を気にしていては長生きできません。
もっと気楽に生きましょう。

>45
ボクはとても良いアイデアだと思いますよ。
需要があるかどうかと
漢字かカナだらけの戦いにならないかが心配ですね。

48 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 14:19:33
>>45
お前みたいな先走りのせいでいくつスレが潰れたことか

49 :カニザー:2006/12/30(土) 14:21:07
誰でもいい、かかってこい!

50 :イカルド:2006/12/30(土) 14:45:23
では僕が相手をしてやろうか?

51 :カニザー:2006/12/30(土) 15:02:33
>>50
アマチュアだな
能書きたれずに攻撃してこい

52 :イカルド:2006/12/30(土) 15:05:18
む。今日は潮の流れが少々不穏だ
あまり良い状況ではないな、退くとしよう。ではまたの機会に…

53 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 15:32:23
>>52
それがお前の限界なのだよ
水陸両用の蟹の勝利だ!

54 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 17:20:15
聖天騎士カニザー
皇帝蟹ターバス
河川闘士沢蟹
浜辺国王シオマネキング
呪言師ヘーケ
破壊王ワイズ
杖術坊松葉和尚

魔天騎士貝ザー
教皇ロブスタンチヌス
伊勢海老大王
暗黒ティーガー
狙撃手イカルゴ
ハイブリットヤドカリ
サザエさん
リキヤ・ホタテ
フグ神話
幻のスッポン

55 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2006/12/30(土) 17:50:54
カニザー帝国対
シーフード教国ですか?

56 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 17:52:41
カニザーいらん

57 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 18:58:00
>>55
帝国の意味知らないアホ発見

58 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 19:05:31
つ【カニアーマー(試作型】

59 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2006/12/30(土) 20:24:32
>56
カニザーは気に入りませんか?
わざわざ来てくれたのですが。

>57
ツッコミありがとうございます。
皇帝蟹ターバスが未登場なので、勝手に名付けてみました。

>58
変わった形の鎧ですね。
せっかくだから着てみましょうか。
よいしょっと…
どうです?似合いますか?

60 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 20:28:09
カニアーマーがどのようなのか知らないと見た!(ズビシッ!

61 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 22:48:09
えっと…ここは…雑務スレ?
TRPGやるならコテとして参加しようと思うけど…

62 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 23:05:32
TRPGよりも最強厨を集めての自己満足大会みたい

63 :名無しになりきれ:2006/12/30(土) 23:17:03
むしろそっちのほうが面白そうなんだがやー

64 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2006/12/31(日) 00:07:56
ここナナイータ王国では、侵略者、ならびに王国を守る勇者を募集中です。
もちろん、ボクと同じく戦いを観戦しにくる名無しの人も大歓迎。
気楽に参加してくださいね。
今しばらくは暇なので、雑談でもしながら戦いの始まりを待ちましょうか。

>60
う…痛いところを付かれましたね。
ボクは防具を必要としないので、カニアーマーも詳しくは知りません。
知っているのは、背中に背負う形状の物がある…程度の事です。

>61
詳しくは>32-33を見て下さい。
ボクでよければ、戦いのお相手もできますよ?

>62-63
そうですね。
気楽に楽しんでいって下さい。

65 ::2006/12/31(日) 00:17:36
>>64
かかってこい

66 :名無しになりきれ:2006/12/31(日) 00:23:53
>>64
いいの?後悔しても知らないよ?

67 ::2006/12/31(日) 02:29:36
>>64
口ばかりで戦いから逃げているチキンだったか
まさに“無敵”だな
安全な観客席にいるのなら黙ってな
ここは戦場
戦う者のみが語らう場所だ

68 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2006/12/31(日) 09:13:13
>65
ボクと戦いたいようですね。
ボクは一応侵略側なので、王国側の方ですか?

>66
かまいませんよ。
本当は観戦するために来たのですが、誰もこないので退屈していたんです。

>67
逃げている訳ではないですよ。
実に簡単なものですが、この戦いにもルールがあります。
まずは【テンプレ】を使って自己紹介していただけますか?

69 :名無しになりきれ:2007/01/01(月) 00:21:55
とりあえずここがどういう世界なのか確定しないと
キャラ骨格に肉付けできないんだぜ。

70 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/01(月) 11:46:02
新年を迎え、通りで騒ぎ笑いあう人々を屋根の上に座って見つめながら、超紅は軽くため息をついた。
戦いの予兆を感じ取ってこの国に来たのに、今のところ世界は平穏だ。
平和が嫌いなわけではないが、何か暇をつぶせる遊びはないだろうか…
考える超紅の目に、遊ぶ子供達の姿がうつった。

次の日、王国の騎士達に顔に落書きをされる者が続出した。
落書きされた者は口々に
「槍を持った少年に試合を挑まれた。
こちらが負けると、少年は笑いながら、『罰ゲームです』と顔に落書きをしていった」
と証言した。
少年ではなく、少女だと証言する者もいたが、真相は定かではない。



>69
ボクもこの世界には最近来たばかりで、詳しい事はわかりません。
侵略者がいる…ということは、何かを狙っているのかもしれませんね。
王国に秘宝か、秘法でもあるのでしょうか?

71 :名無しになりきれ:2007/01/01(月) 20:45:16
暇そうだから話し相手に来たですぅ〜。

・・・この国は客にお茶も出さないですか?

72 :名無しになりきれ:2007/01/01(月) 20:49:17
つ【アバ茶】

73 :名無しになりきれ:2007/01/01(月) 21:07:02
王宮が秘宝館?

74 :サノス ◆YsdO5JluPM :2007/01/02(火) 03:37:22
名前 :サノス
作品名:インフィニティガントレット(Marvel Comics)
勢力 :王国軍(?)
性別 :男(タイタン人)
装備 :インフィニティ・ガントレット(魂、力、空間、現実、時間、精神のインフィニティ・ジェム装備済み)
解説 :
・インフィニティ・ガントレットとは…
 宇宙最高、最強の力を秘めた6つの宝石…その名は「インフィニティ・ジェム」

インフィニティ・ジェムの能力
力…あらゆる力が無限になる。これ以外のジェムを制限してもヒーロー連合に打ち勝てている。
魂…魂の力が無限になる。他者の生命に干渉できる。不老不死となる。
精神…精神の力が無限になる。他者の精神に干渉できる。
時間…時間を自由に支配・操作できる。時の神クロノスの力を超えて時間軸を自由に移動。
空間…あらゆる空間に自在に干渉できる。力の及ぶ範囲が全宇宙。
現実…あらゆる望みを現実に出来る。あらゆるものを作り出し、消せる。

この6つの宝石の秘められた力を手に入れるということは神をも超えてしまうという事。
サノスはこの6つの宝石をガントレットに嵌め込み、これらの力で星々の神々、生命と死の神々、精神の神々、時間と空間の神々をまとめて一蹴した。

【攻撃力】:無限
     ・全宇宙の生命体を任意に消滅させる事が出来る(解る範囲では銀河系規模の範囲での人口を一度に消滅させている)
     ・惑星砲弾群に拮抗するエネルギー波が打てる。

【防御力】:無限
     ・恒星規模の次元破壊攻撃に耐えることができる
     ・素粒子が崩壊し空間が砕け、時間が歪むほどのパワーで攻撃されるも無傷。

【素早さ】:無限
     ・一光年離れた場所から光速よりも早く向かってきた相手(人間サイズ)の攻撃にも反応。
     ・サノス自身の移動速度は不明。
【特殊能力】・物質変換能力(敵の体の金属製骨をスポンジの様にし、相手に触れた箇所から藻のような物を生やして殺害)
      ・時空間操作が可能
      ・相手の思考を読むことができるetc

【備考】 ・宇宙的秩序をつかさどる存在との戦いで素粒子崩壊、次元破壊、時間制御レベルの
      空間操作を行い、最終的にその存在を光の檻に封印させた。
     ・マーベルヒーロー連合軍を相手に無傷で圧倒的完勝。
     ・単一宇宙の全能神であり、宇宙そのものであるエターニティと戦闘し、勝利した。
      (以上からどの世界の全能神・悪魔その他に負ける可能性は極めてゼロに等しい。)

     ・全宇宙を操作出来るインフィニティジェムを嵌め込んだガントレットを装着した状態ならば、完全無敵状態となる。
      その状態なら相手の行動は全て読め、時間も操作できる為に先手を取られる事もない。
      相手がどんな特殊能力を所持していても、誕生以前の状態まで相手の時間を戻して消してしまう事ができる。



75 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 10:17:48
【素早さ】:無限
     ・一光年離れた場所から光速よりも早く向かってきた相手(人間サイズ)の攻撃にも反応。

素早さ無限ていう単位が意味不明
一光年離れた場所からなら攻撃開始から攻撃受けるまで一年近くかかるわけだから、かわせないほうがおかしい
にもかかわらず反応するのが精一杯
それを特筆事項としているって事は恐ろしく動作は遅いみたいだな

76 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 10:35:57
それってヒーローのシルバーサーファーが一光年離れた場所から一瞬で接近してきた時の事だろ
昔この原作読んだことあるから間違い無い

ついでに言えばシルバーサーファーなら一光年くらい離れてたって一瞬で駆け抜けるぞ
というか一年近くってwww

77 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 10:45:07
まぁそれでも光速以上の速さを避けられる時点で遅くもなんともないんジャマイカ?

78 :71:2007/01/02(火) 11:35:04
>72
ありがとです〜♪
・・・あ、手が滑っちゃったですぅ!ごめんなさいですぅ!
>72はお茶を頭から被ったけど大丈夫です?
つ【ハンカチ】
ハンカチは返さなくていいです。お詫びのしるしですぅ〜

>74-75
何か強そうな奴がきたですぅ!
超紅とサノスならゴジラ対ガメラ並みの好カードになりそうです〜
バトル開始なら観戦するしかないです、いい場所確保するです♪
(いそいそと敷物の準備)

79 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 11:55:51
っ【バケツサイズのコーラ&ポップコーンに特大ホットドック】

80 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/02(火) 14:12:49
>71
お茶、ですか。
ボクは飲まないので持っていないです。
せっかく来てくれたのですから、何か出してあげたいのですが。

>72
こんな物までお茶と呼ぶんですね…
よければ、毒味していただけますか?

>73
簡単に王宮内を見てきましたが、そんな事は無いと思いますよ。
でも、確かに強力な波動を感じます。
あのガントレットが秘宝なのかもしれませんね。

>75-77
いずれにせよ、明らかに強力な能力ですね。
少しサノスさんと話でもしてみましょうか?

>78-79
戦うかどうかはまだわかりませんが、その時にはゆっくり観戦して下さい。
楽しめるかどうかはわかりませんが。

81 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/02(火) 14:14:32
>74
超紅は、サノスと呼ばれている男の装備しているガントレットに目を奪われた。
ガントレットに嵌め込まれた宝石は、離れていてもわかるほどの強烈な力を放っている。
全世界を、全宇宙を探し回っても、これほどの存在感を放つ物を探し出すのは難しいだろう。
超紅はゆっくりとサノスの前に降りたった。
「初めまして。ボクの事はもうご存じですよね?
 あなたは王国軍のようですが、他の侵略側の方を待ちますか?
 それとも、ボクと戦う事にしますか?」

82 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:16:32
解説 :
・インフィニティ・ガントレットとは…
 宇宙最高、最強の力を秘めた6つの宝石…その名は「インフィニティ・ジェム」

インフィニティ・ジェムの能力
力…あらゆる力が無限になる。これ以外のジェムを制限してもヒーロー連合に打ち勝てている。
魂…魂の力が無限になる。他者の生命に干渉できる。不老不死となる。
精神…精神の力が無限になる。他者の精神に干渉できる。
     ↑精神の力とは何でしょうか?抽象的すぎて分かりません。
時間…時間を自由に支配・操作できる。時の神クロノスの力を超えて時間軸を自由に移動。
     ↑過去を操作したら未来の自分は過去を操作する事がなくなり
      (操作した後の未来の自分は過去を操作する必要がなくなるから)、
      過去を操作するという事実自体が消滅してしまいます。その辺りの矛盾はどう解決するんですか?
      ちなみに、平行世界の存在を前提としているのならそもそも過去を変えるという行為自体が無意味になります。
空間…あらゆる空間に自在に干渉できる。力の及ぶ範囲が全宇宙。
現実…あらゆる望みを現実に出来る。あらゆるものを作り出し、消せる。
     ↑現実のジェムひとつあれば他のジェムはひとつも必要なくありませんか?
この6つの宝石の秘められた力を手に入れるということは神をも超えてしまうという事。
サノスはこの6つの宝石をガントレットに嵌め込み、これらの力で星々の神々、生命と死の神々、精神の神々、時間と空間の神々をまとめて一蹴した。
     ↑インフィニティ・ガントレットとは…と言い出しつつ、結局宝石の説明でガントレットの説明がどこにもありませんね。
【攻撃力】:無限
     ・全宇宙の生命体を任意に消滅させる事が出来る(解る範囲では銀河系規模の範囲での人口を一度に消滅させている)
     ・惑星砲弾群に拮抗するエネルギー波が打てる。
     ↑惑星砲弾郡と拮抗するなら「無限」でなくて「有限」です。拮抗するということは即ち限界が見えています。
【防御力】:無限
     ・恒星規模の次元破壊攻撃に耐えることができる
     ・素粒子が崩壊し空間が砕け、時間が歪むほどのパワーで攻撃されるも無傷。
     ↑恒星規模の時限破壊攻撃に「効かない」ではなく「耐える」のなら、防御力も有限ですね。
【素早さ】:無限
     ・一光年離れた場所から光速よりも早く向かってきた相手(人間サイズ)の攻撃にも反応。
     ・サノス自身の移動速度は不明。
     ↑「サノス自身の移動速度は不明。」それなら「無限」じゃなくて「不明」じゃないですか。
【特殊能力】・物質変換能力(敵の体の金属製骨をスポンジの様にし、相手に触れた箇所から藻のような物を生やして殺害)
      ・時空間操作が可能
      ・相手の思考を読むことができるetc
     ↑任意に生命体を消滅させられるのなら金属をスポンジにするような小細工は必要ないと思います。
      そもそもあらゆる妄想を現実に変えるジェムがあるならこんなセコい特技は書くにも値しないと思います。

83 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:22:37
>>82
文句ならマーベル社に言えよwww
こんなトコで噛み付くことしか出来ないのか

84 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:23:48
>>83
>こんなトコで噛み付くことしか出来ないのか

うん。

85 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:30:39
久々に翻訳版読み返したけど実際にそういう設定なんだよね
>>74の説明不足もあるけど、変なツッコミは止めといた方がいいぞ

86 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:38:36
説明不足もあるなら、突っ込まれた部分に説明を補足して皆が分かるようにするのが理想的じゃない?
原作知らない人の方が多いんだから。
結局ガントレットは何なのか分からないし、過去を変えた後の矛盾のことも分からない、
現実のジェムの存在が他のジェム全てを代替できるほど強力なのかも分からない、
攻撃力や防御力や素早さも有限なんだか無限なんだか分からない、分からないこと尽くしだよ。

87 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:41:26
ほれ、教えて厨
これでも見てろ
http://en.wikipedia.org/wiki/Infinity_Gems

88 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:44:50
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Thanos
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Infinity_Gauntlet

ここもあるね

89 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 15:58:48
攻撃力も防御力も素早さも無限だっていう根拠は特にないことは分かったけど、
現実のジェムを使って宇宙どうこうの神々やら司る人を戦わずしてなかった事にしなかった理由ってあるの?
その理由の有る無しは戦う相手にとって結構影響があると思うんだけど

90 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:08:26
超紅乙

91 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:10:10
とてもイタイ奴だな・・・w

92 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:11:03
アルティメットジェル
すべてのジェルの頂点に立つジェル
他のジェルより数千倍の力をもち、他のジェルを無効かできる

オリジナル設定でこういうのもアリだけど、おもしろいか?

93 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:11:19
イタイ奴で結構だけど、はっきりする部分ははっきりしておいてもらわないと。

94 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:13:53
>>89
暇つぶしですよ
たまには戦わないと体がなまりますから

95 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:15:49
もしくはマーベルサイドのご都合主義

96 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:17:28
>>92
つまらないな 0点

>>93
何故に名無しでそこまで追及?
参加する?それとも超紅?

97 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:20:22
>>96
質問に質問で返さないで欲しいな?キリがなくなるから。

98 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:22:11
>>96
超紅自身が自分が最も強くなければ駄目だからってムギャオってるんだろw
俺はそう思ってるww

99 :96:2007/01/02(火) 16:31:30
>>97
いや単にROMってた俺に言われてもww
そんなん知らんがな。ていうか名無しでそこまで重箱の隅を突付きまくってるのが気になっただけ

100 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:33:14
最強は名無し(民衆)。
スレにおいては気に入らなければ荒らせばいい。
コテにはたまらん。

101 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:34:11
知らないならいいよ。知らない人に聞いてもしょうがないし。
また本人が出てきた時に聞いてみる。
質問してるのは興味を持ったからだよ。ただそれだけ。

102 :超ラッキーマン ◆gKQv5IanZU :2007/01/02(火) 16:46:51
名前 :超ラッキーマン
作品名:オリジナル
勢力 :無し
性別 :男
装備 :なし
解説 :ラッキーマンをはるかに超える幸運の持ち主。戦う相手は何をしようとしても失敗してしまい、自滅する。

103 :根拠・証拠マン ◆S6PNro8lLk :2007/01/02(火) 16:56:01
名前 :根拠・証拠マン
作品名:オリジナル
勢力 :無し
性別 :男
装備 :なし
解説 :敵のデータに関して色々な根拠・証拠の提示を求めるヒーロー。口癖は「〜の根拠・証拠をどうぞ」

104 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 16:58:21
口癖が根拠・証拠をどうぞなんて人どこにいるの?

105 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/02(火) 17:00:05
最強や無限、と言った言葉は抽象的ですから
人それぞれ受け取り方が違いますね。
ボク自身の考えでは【最強などない】と思います。
現にボクの知っている世界では
ジェム所有者が世界を支配し続ける事はありませんでした。

仮にボクが負けて消滅する事になっても、ボクとしては問題はありません。
死ねない身というのも、楽ではありませんからね。

もちろん、ボクはお互い消滅するほど戦いたいわけではありません。
後はサノスさんしだいです。

106 :根拠・証拠マン ◆S6PNro8lLk :2007/01/02(火) 17:01:19
>>104
そんな人がいないと言える根拠・証拠をどうぞ。

107 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 17:01:44
やっぱりお前だったかw

108 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 17:02:32
>106
いないなんて言ってない。
どこにいるのか聞いてるんだけど?

109 :根拠・証拠マン ◆S6PNro8lLk :2007/01/02(火) 17:04:32
>>107
お前が誰なのか、その相手の名とともに根拠・証拠をどうぞ。

(いや俺は上のやり取り見て面白くて作ってみただけだがww恐らくお前さんの言ってる人物とは違うかも知れんよ)

110 :107:2007/01/02(火) 17:05:51
>>105に言った

111 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 17:10:58
>超紅
サノスに現実や時間のジェムで消し去られたらどうする?

112 :根拠・証拠マン ◆S6PNro8lLk :2007/01/02(火) 17:17:27
>>110
(あ、じゃあ違うぞww俺は単なる一名無しだったからなw)

113 :107:2007/01/02(火) 17:26:14
>>110
だからお前に話しかけてないってば

114 :107:2007/01/02(火) 17:26:52
アンカミスOTL

>>110>>112

115 :71:2007/01/02(火) 17:32:50
は、早くも心理戦が始まってるのですぅ!
エスパー達は特殊能力全開なのですぅ!!
・・・エスパー戦士達のテンプレ無いのが、かえすがえすも残念なのですぅ・・・。

>79
え?くれるですか?

・・・・た、たまにはコーラとポップコーンとホットドックも悪くないかも、ですぅ。

・・・。
・・・・・・・・も、もし座る場所が無いなら敷物に座っても・・・
な、何でもないです!!

>80
こっちのことはキニスンナですぅ。
(双眼鏡で様子を見ながら手を振る)

116 :名無しになりきれ:2007/01/02(火) 20:25:05
たいしたスレだが、2ちゃんじゃあ二番目だ

最強妄想キャラクター議論スレ13
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/ranking/1165074463/l50

117 :サナト ◆zAyjllBm/g :2007/01/03(水) 00:53:25
ここにあえて最強だか最強でないんだかよく分からんキャラで参戦するぜ!
刀の元ネタは・・・言うまでもないんだぜ?ぶっちゃけ中の人が名前聞いて思いついた。

名前:スオウ=サナト
勢力:王国軍
性別:男性
性格:大雑把
特技:剣技(といっても一流ではない)
   魔法(属性変化と加速・減速の魔法ぐらいしか使えない)
   見切りの眼(解説参照)
   自然治癒能力の高さ
装備:黒刀『極夜』(解説参照)
   レザーアーマー(ごく普通の革鎧)
   ポイントアーマー(革鎧じゃ防げない部分を少し覆うだけ)
   ハードブーツ
   その他冒険者セット等々
解説: 18歳、冒険者学校に所属するいわゆる劣等生。冒険者の嗜みとして、様々な武器の扱い、簡易武器の作成(木の枝で弓を作ったり)は習得しているが、
   剣技においては一流とは言えず、魔法では初級はおろか基本呪文(魔法の明りを点す等)さえ素質がない。
   何故かロクに役に立たないと言われる、『対象の呪文の属性を変化させる』呪文や、肉体の加速・減速(FFのスロウ・ヘイストのようなもの)は取得できた。
    特筆すべきは彼の眼であり、それは『一度目撃した技(や魔法)の回避、および受け』を可能とする。
   ただし人間離れした技ともなると真似は不可能(例:時間操作とか)
    武器である黒刀『極夜』は材質不明・刀身120cmにも及ぶ片刃の長刀。刀身は漆黒であり、闇夜では持ち主でさえ振るう軌跡が見えない。
   さる貴族の依頼を冒険者として受けた際、彼の刀が破損したために依頼料を返納した上でもらったもの。
   その能力は『刀身で受けた特殊な技・魔法の吸収』、『吸収した技・魔法の一度限りの複製使用』である。
   例えば、火球の呪文を刀身で受けた場合、所持者の意思で一度だけそっくり同じ威力の火球を刀身から放出できるということ。
   (貴族曰く:役に立たないなまくらだ。)
    自然治癒能力の例では上記の貴族の事件で片腕を切断されたのだが・・・。無理矢理傷口を合わせて包帯で固定した所約一週間で神経も含めて
   元に繋がってしまったという。常人からすれば驚異的な自己治癒能力だろう。

118 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/03(水) 09:05:28
>111
消滅してしまっては、復帰するのは難しいですね。
相手がジェムを使う前に対処したいところです。
ボクが消滅したら、後はサノスさんに挑戦する場所になるのでしょうか?
見届けられないのは、少し残念ですね。

>115
いい場所を見つけたようですね。
これから何が始まるのか、それはボクにも分かりません。
楽しめる事が始まるといいですね。

>116
これは…面白い場所ですね。
ただ、ここは最強決定場ではないので
方向性が違うかもしれません。

>117
サナトさん、ですね。
歓迎しますよ。
王国軍のようですが、今は冒険者学校に通っている、でよろしいですか?

さて、いよいよ世界観を考える必要がありそうですが…
はっきり言って、ボクは世界設定は苦手です。
名無しのみなさんの協力を頂いて、ゆっくり固めていきましょうか。

119 :名無しになりきれ:2007/01/03(水) 18:22:32
今更こう言うのもなんだが、>82の言ってる事ってかなり揚げ足取りだな

>星砲弾郡と拮抗するなら「無限」でなくて「有限」です。拮抗するということは即ち限界が見えています
無限の中に有限があるのだから結局どう考えたって無限は無限でしかないだろ
その前に星砲弾郡に合わせた威力で力を使っているのかもしれないのだから、有限と言い切るには早すぎるだろうに

ま、こういう論争がしたいのならよその板でやってくれってこった

120 :名無しになりきれ:2007/01/03(水) 23:57:56
それ以上の攻撃が出来るのなら「拮抗するエネルギー波が撃てる」なんて言い回しはしない
「惑星砲弾群を軽く超える威力のエネルギー波が撃てる」でいいんだから
少し頭を使えば分かるように、本当に無限の攻撃力があるのなら拮抗する威力のエネルギー波を打つ必要はない
敵をいたわっている訳でもなし、そのままエネルギー波で攻撃ごとブチ抜いて敵を倒せばいいんだから
つまり、攻撃力が無限というのはただの見栄張り、実際は惑星砲弾群と同程度

121 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 00:03:34
というか惑星砲弾群ってどんなのか分かって言ってるのだろうか

122 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 00:07:54
単に理屈バカの戯言なんだからほっとけww
アメコミの設定なんて後付・あったこと無かったことにされてるetcetcのオンパレードなんだからw
それでも文句あるなら余所池www

123 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 00:16:29
「永遠に誰も王国に攻めて来ない」を現実のジェムの力で現実化すればいきなりハッピーエンド

124 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/04(木) 00:50:50
せっかくの新スレですから、初心者歓迎スレにするのもいいですね。
TRPG系の初心者向けスレ、というのは無かった気がします。
もちろんボクの一存で決めるわけにもいきませんが。
さて、もう少ししたら冒険者学校で行動を起こしましょうか。

>119
そうですね。
避難所でも造った方がいいでしょうか?

>123
話の流れ的に会っていれば、そんな終わり方も良いかもしれませんね。

125 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 00:59:27
話の流れに関係なくサノスがいきなりやったらどうする?

126 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 02:51:25
初心者向けスレを作るなら、
実力抜群のベテランにGMをさせるべきだと思う。
初心者ばかりのスレだと問題が起きやすいし、
全く話が進まない日常編や最強厨ばかりのバトルになりそう。

127 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/04(木) 09:42:53
避難所作成に失敗しましたね…
また次の機会を待つことにします。

>125
それは困ったことになりますね。
とはいえ、サノスさんも認識標を付けている方ですから
余り無茶な事はしないと思いますよ。
誰かが間違った行動を取ってしまった時には、無かった事にできる能力ですから
いろいろ活用できそうですね。

>126
確かにそうですね。
残念ですがボクはベテランではありませんし、お願い出来る方もいません。
初心者向けにするのは、諦めた方がいいですね。

128 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 10:16:47
>>127
つーかお前がいる時点で無理って自覚しろよ

129 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 12:25:29
最強厨歓迎のなんでもありスレで、
無茶なことはしないだろうなんて良識をアテにするのもアレだと思うぞ。

130 :サナト ◆zAyjllBm/g :2007/01/04(木) 13:34:44
>>118
まぁ、なんというか住み込みっつーのかな?冒険者学校の寮にいる。
学校といっても義務教育とかそういうタイプじゃなくて予備校みたいなもんだ。
つまり、誰でも冒険者を名乗れるけど基礎知識とかはここに来れば教えてくれるっつー話。

もうちょい人が来ないかねぇ、と思ったんだがな・・・。
もっとはっちゃけた奴らが現れて負けRPするの楽しみだったんだが
こりゃ参加は見送るか・・・?
何か他にも面白いのは立ってるしな。


131 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/04(木) 15:15:25
>129
やはりアレですか。
そうするとこのスレのルールが難しい事になりますね。
可能性があるかと思って来てみましたが残念です。

>130
そうですね。
余り需要も無いようですし、今回はボクも消えるとしましょうか。

132 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 15:18:24
そして誰も居なくなった……

133 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 20:45:46
ここをおためしスレにして軌道に乗ったら本スレを建てるとかどう?

134 :名無しになりきれ:2007/01/04(木) 21:50:23
100単位くらいで間借りとかいいな

135 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 02:26:53
私立薔薇学園

【ルール】
・男性キャラ限定
・トリップ推奨
・荒らしはスルー
・舞台 男子校
・決定リールなし
・後手キャンセルなし
・名無しのレスなし
名前: 
学年: 
体型:(大柄・中背・小柄)(痩・中・太)
受けor攻め
技能:(裁縫等)
装備品:(学生服とか以外特別なもの)
容姿:(醜い・普通・美形)(髪や肌目の色等・・・大抵黒黒肌色だろうが)
その他:(設定等)
レッツBL


136 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 02:53:05

コードギアス〜栄光のジェレミア〜

【ルール】
・トリップ推奨
・荒らしはスルー
・舞台 日本
・決定リールなし
・後手キャンセルあり
・名無しのレスなし
名前: 
学年: 
体型:(大柄・中背・小柄)(痩・中・太)
技能:(KMF操縦等)
装備品:(パイロットスーツとか特別なもの)
容姿:(醜い・普通・美形)(ブリタニア人か日本人か等)
その他:参加していいのは、続ける覚悟のある奴だけだ!


137 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 03:01:16
ストーリーや世界観がさっぱりなわけだが

138 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 03:09:35
別に両方ともTRPGじゃなくたっていいじゃん
ここでやらないで余所池

139 :終了さん:2007/01/06(土) 06:09:51
本日でこのスレッドは終了となりました、長い間皆様ありがとうございました


終了

140 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 12:17:50
>138
ここはお試しスレなんだから別にいいじゃん

141 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 13:56:35
問題はどっちが始まったのかわからん事だ

142 :ナレーション:2007/01/06(土) 19:20:10
皇歴2010年夏―

神聖ブリタニア帝国は日本に宣戦布告した……

ひと月と待たず敗れ去った日本は自由と権利そして名前を奪われた―

「エリア11」その数字が新しい日本の名前だった―

143 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 19:31:15
コードギアス知らなくてもおk?

144 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 19:41:59
>>143

流石にそういう訳にもいかないから
・基本設定はマジコ!の漫画準拠
(目の通し易さとKMFが出てこない事による描写のし易さを考慮
アニメは見ているけど漫画は見てない人はKMFが出てこないことだけを分かってればおk)
・キャラ設定はアニメ準拠(漫画はキャラが少ないから)
・オレンジが一番活躍(オリジナリティを出すため)

・オレンジやりたい奴はスレを延ばす覚悟のある奴だけだ!

145 :名無しになりきれ:2007/01/06(土) 19:50:33
自分をスレさえも変えてしまえそな瞬間を感じるいまここに〜♪
隠せぬ糞レスと立ち尽くす糞スレを見つめて〜♪
迷いながら悔やみながら立てればいいさ〜♪>>145がくれた言葉一つ迷いは消え去り〜♪
空っぽだった>>1のスレに光が差した〜♪
見ageた大空青く澄みきって逝く〜♪
閉ざしたスレをageる事を決めた〜♪
自分をスレさえも変えてしまえそうな〜♪
瞬間を感じる今>>160に〜♪

146 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/07(日) 21:03:26
名前:斬腹 血吐瀬(きりはら ちとせ)
性別:男性と女性のハーフ
年齢:自称10万17歳
職業:高校生の霊界探偵
髪:赤のセミロング
容姿:端麗
戦闘力:普段は10程度/本気時は同左
特技:
零丸(一日に5発撃てる零距離射撃)
邪眼(額に第三の眼を描いて相手を威嚇)
妖狐変化(一瞬にしてコスプレ完了)
概要:
地元の盗賊団の頭の娘で、かつて
地元の小学生を震え上がらせたガキ大将。
今はその地位を棄て、美しく成長した
自分自身に酔いしれるナルシスト。

147 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/07(日) 21:20:07
ちとせは暗黒武術会に出る事になった。
人間も妖怪も絶対正義も多分関係ない。強い者だけが求められる。

「どんな化け物もボクの美貌には敵わない」

148 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/07(日) 22:28:48
名前:首領パッチ(ドンパッチ)
性別:男?
年齢:?
職業:ハジケリスト
髪:無い
容姿:球体にトゲトゲが付いている
戦闘力: 測定不可
特技:
ハジケ(ギャグを行う時に実際にその光景が展開され様々な現象を引き起こす能力)
トゲトゲを使った様々な攻撃
概要:
キング・オブ・ハジケリストの称号を持つ。
ちなみにボボボーボ・ボーボボという漫画のキャラ。

149 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/07(日) 22:37:19
暗黒武道大会!?優勝商品は…何――っ!?バナナの皮一年分!?
なんて……なんて素晴らしいんだーーっ!?
周りを見渡しながら
(この程度か。俺のハジケの前に敵う奴なんていないな!)
むっ!?Σ(>147に気付く)
(どういうことだ……?背景に花が咲いている!)
「おまえ……ハジケリストだな?」

150 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/07(日) 22:38:04
>148
コイツが最初のボクの相手…!
ハゲになんか負けはしない!
妖狐変化ッ!(要するにコスプレ)

さぁ、何処からでも掛かって来い!

151 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/07(日) 22:42:51
>149
ハジケリスト…?何の事だ!
ボクはそんなモノ知らない!

そちらから来ないならこちらから行くぞ!

(ポケットから邪眼シールを出し、貼る)
(額に邪眼シールを貼った妖狐のコスプレ誕生)

(出来る限り近付いて、ゼロ丸を撃ち込む!)

152 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/07(日) 22:59:31
「ぐはあ!!」
変なものを打ち込まれたようだ!!
オレはその衝撃でキツネの尻尾が生えてしまった!
「ふっ、少しはやるようだな……ハジケワールド展開!」
遠くから謎の大群が現れた!!
「赤いキツネと緑のタヌキ!赤いキツネと緑のタヌキ!」
彼らはコスプレ男を取り囲んでカップウドンの押し売りを始める!!
「赤いキツネと!」「緑のタヌキ!」
押し売り軍団:「「買わないとブッコロース」」

153 :名無しになりきれ:2007/01/07(日) 23:19:30
ゼロ丸が入った…ダメージはあるはず!
コイツは硬そうだ、5発全部撃ち込まなきゃ勝てないだろうな…

ところでだ!

ボクは男ではない、男と女のハーフだ!



…な!

紅いキツネと緑のタヌキ!
お…美味しそうだ…力が…抜けて…いく…

…く、コレでは闘えない!

154 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/07(日) 23:20:40
名前を入れ忘れた… >153 はボクだ

155 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/07(日) 23:29:07
マジだ……!よく見ると男と女のハーフ!
うをををを、こいつはすげー!!

オレは重要な事に気付いた!カップウドンを作るお湯が無い!!
このままでは「ウドンお湯」という故事成語になって後世に残ってしまう!
あいつの力が抜けている間に急いで沸かさなければ!!
どこからとも無くヤカンを取り出し…
「はああああああっ!!」
両手をかざして気合で沸かし始める!!

156 :観客:2007/01/07(日) 23:34:52
「気合いで水が沸くかよwww」

「男と女のハーフってオかまかあしゅら男爵かバーローwwwwwwww」

157 :名無しになりきれ:2007/01/07(日) 23:36:01
いや待て、オナベという可能性を忘れてはいないか????

158 :名無しになりきれ:2007/01/07(日) 23:42:08
どっちにしても気持ちいいもんじゃない

159 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/07(日) 23:45:54
クッ、誰も解ってない…!

ボクの父は男、ボクの母は女!
だからボクは男と女のハーフなんだッ!

ちなみにボク自身はXXの染色体を持っている…
ともかく、もう一発ゼロ丸を撃ち込まないと!

くらえッ!

160 :名無しになりきれ:2007/01/08(月) 13:29:23
意味分からん
ちなみに俺の父母は両方ともふたなり
一応生んだほうを母と呼んでいる

161 :名無しになりきれ:2007/01/08(月) 13:40:43
ふたなりかよ

162 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/08(月) 13:42:30
オレに両親はいない!なぜなら首領パッチだからだ!!

「秘儀!ヤカンガード!!」
ゼロ丸がヤカンに打ち込まれる!!次の瞬間!
「お呼びでしょうか、ご主人様」
ヤカンからサービスマン(頭から全身を覆う布を被った変な生物)が現れた!
「いや、呼んでないよ」
「サービス!!」
サービスマンは問答無用でサービス(自らの布を捲り上げる行為)を行った!!
「ぎゃあああ!!」
オレはあまりの精神的ダメージにのた打ち回る!

163 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/08(月) 15:23:27
>160
ボクの存在に意味なんて必要ない!
…なぜなら、今ボクがここに在ること…
それ自体が一番の意味だからさ!


>162
そんな…同じ様なセリフで先を越されてしまった…
(目が泳ぎ、手足がふらつく)
ボクの負け…なのか…
(ガクリ…)



いいや……まだだ!
…ボクはまだ闘える!…闘えるんだッ!
おおおおおおおおおおお!!
ゼ ロ 丸 !

164 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/08(月) 16:06:38
>163
再びゼロ丸が迫ってくる!
のたうち回りながらもはやこれまでか…と思ったその時!
ゼロ丸はオレの目前で消えた!!
「……?」
どうやら不発だったようだ。よく見るとコスプレの人の様子がおかしい!
こっちの攻撃は失敗したはずなのに意識朦朧としている!!
「おいっ!どうした!?」
直感がオレに告げる。
“この武術大会には陰謀が潜んでいる!!”
「勝負はお預けだ……毒ガスを散布した犯人がこの中にいる!!」(どどーん!!)
探偵っぽくカイゼルヒゲを装着して観客席に向かって宣言した!!
世界の存亡をかけた壮大なるギャグバトルの物語が今始まる!!

165 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/08(月) 17:28:49
ちとせは毒ガスにやられ、担架で運ばれていた。

「もぅ食べられないよぅ…ムニャムニャ」

気付くとボクは医務室にいた…
なッ!? ここは…どこだッ!?
医務室ッ? ボクは負けた…のか…

〜 つづく 〜

166 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/08(月) 19:31:31
「おっ、気が付いたか。オレは首領パッチだ。よろしくな!」
医務室の天井からぶら下がったオレは言った。
「コスプレしたお前の姿をかたどってこんな物を作ってみた。受け取ってくれ」
と言って“ちとせアメ”を渡す。
「ところで本題なんだが……何者かが毒ガスを撒いたらしい。
多分オレは人間じゃないから平気だったんだな」
一枚の紙切れを見せる。
「でだ、武術会の主催者が“さっきの戦いぶりを見て君たちは強いと確信した。
犯人をつきとめてこらしめてやってくれ“と依頼が来たんだ。これはその依頼書だ」
さらにもう一枚の紙を取り出す。
「仲間を増やすのは大歓迎だそうだ。ただしその時はこの紙に自己紹介を書いて欲しいらしい」

名前:
性別:
年齢:
職業:
髪:
容姿:
戦闘力:
特技:
概要:

167 :名無しになりきれ:2007/01/10(水) 23:27:52
「大丈夫かね?ちとせくん」
医者らしい男が入ってきた。
丁度そのとき、柔道をモチーフとした時計、通称男らしい時計が夕方の六時を告げた。
時計の扉から出てきた二つのマスコットが柔道をし、技をかけられた方のズボンが下げられる。
時計『黒下着につき、一本!!』
『黒下着〜は六時の合図!黒下着〜は六時の合図!!』
突如として医者らしい男に異変が起きる!!
「6時か……ディナータイムがやってきた……!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」
男を中心に暴風が渦巻き、彼は今、すさまじい進化を遂げる!!

168 :名無しになりきれ:2007/01/11(木) 00:22:21
トリ忘れてるよ>首領パッチ

169 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/11(木) 06:50:50
ち、ちとせ飴…そこまでボクを愚弄するのか!
やはりお前とは仲間にはなれないみたいだ…
だが、どちらにしても、今回は負けてしまったか。…今度決着をつけよう!
ボクは武術会の観客席でキミの活躍を見させてもらう…負けたら承知しない。
べ、別に応援はしていないからな! あくまでボクの為だ
ボクが負けた相手が負けたんじゃ、ボクは滅茶苦茶弱い事になってしまうからな!
ボクは優勝したキミに勝って最強の名を手に入れるんだ、だから負けるんじゃない!

170 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/11(木) 06:54:59
>167
ああ…男らしい時計がなる。6時か。
そして目の前で医者が進化するゥゥゥ!何それ、マジで!?
逃げなきゃ、ここから逃げなきゃ…!
最後の一発、ゼロ丸でひるんだ藪医者を尻目に逃げるッ…!
ケガが少し痛い、我慢するんだちとせ…痛くなんかないぞッ!

171 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/11(木) 22:42:12
>169
感動的なシーンで盛り上がっていた時。
医者が進化し始める。
>170
「ぐわっ!?」
藪医者は進化の途中でゼロ丸を受けて突然変異を起こした。
暴風が鎮まったとき、狂気に彩られた笑い声が医務室に響き渡る。
「ククク……ハハハハハハ!!!!!我こそはDr.ブッシュ!!(藪医者を英訳しただけ)
私の手にかかればどんな患者も死んでしまうだろう!!」
鋭い光を放つメスを二刀流で構える。
「くっ、すごい迫力だ……こいつはやばいぜ!首領パッチソード召喚!」
オレは首領パッチソードという名の長ネギを召喚した。
>168
「鳥……!?」
突如としてベッドの下からカモの大群が現れた!
「さあ、楽しい鴨鍋パーティの始まりだ!!」
瞳に狂気の光を宿し、Dr.ブッシュが鴨の大群に襲い掛かる!

172 :名無しになりきれ:2007/01/12(金) 00:03:35
カモネギ の いあいぎり !
こうか は ばつぐん だ !

173 :名無しになりきれ:2007/01/12(金) 12:12:47
俺、ギャグ苦手なのよ……。
参加したいが、スマソ

174 :コパッチ:2007/01/12(金) 18:19:34
兄貴!!お客さんですぜ!!

175 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/12(金) 23:46:39
「やめろ……やめるんだ!!こんな可愛いカモ達を鍋に入れるなんてこのオレが許さない!」
オレは首領パッチソードを振りかざしDr.ブッシュの前に立ちはだかる!
ぐわっ、しかし!!
「フッ、甘いな……」
Dr.ブッシュは右手を一閃させ、ダーツのようにメスを放った!
「しまった!!」
>172
が、彼らはただのカモではなかったのだ。
鴨は鴨でもネギを背負ったカモ……そう、カモネギだった!
カモネギは居合い切りを放った!……なぜかオレに。
「ぐわあああああああああ!!!!!!!」
効果は抜群だ!
「お前ら……全員残らず鍋に入れて食ってやる!!」
長ネギと長ネギが、火花を散らし、激突する!
ちなみに藪医者が投げたメスはこっぴどく狙いが外れて男らしい時計に直撃したらしく
時計は木っ端微塵になっている。
>174
そんな惨状の中、ドアが開いてコパッチが入ってきた。
「兄貴!お客さんですぜ」
「おう、客か。藪医者〜、そいつらは頼んだぞ。じゃ、事務所に帰るとするか」
事後処理を藪医者に任せ、その場を後にした。
>173
「この惨状をどうしろと!?俺ギャグ苦手なのにーー!!」
すでにディナータイムは終了し、まともな人に戻った医者の悲鳴が響き渡った。

176 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/15(月) 19:03:44
ボクは逃げたものの、疲れたので武術会会場の隣にあるホテルで休む。
ホテルの窓からは試合がくっきりはっきり見える。
なぜならホテルは参加者ひかえ室を兼ねていて
入場ゲートの上にホテルが建っているから。
特にこの5階の眺めは最高で、時折
ジャンプした選手が床と天井を抜いていく。
凄くスリリングだ。空中の足場で戦う選手が
まるですぐそば3m程度の辺りで戦っているようだ。
って言うか戦ってるし!
今ボクはシャワー浴びてるんだ!
ヒトの裸を覗く変態はゼロ丸でお仕置きしてやる!
ボクは着替え、試合会場へ飛び降りた。

177 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/15(月) 22:42:30
部屋から出ようとした……が!
「何を騒いでるんですかーーっ!?」
と叫びながら見るからに怖そうな大会主催者の一人、神成親仁(カミナリオヤジ)(56歳)が現れた!
この状況を見つかったら延々と説教される事請け合いである。
「やべー!」
あわてて部屋の中に逆戻り。そしてコパッチと共にベッドの中に潜り込む。
「兄貴、そんなとこに隠れても無駄ですっ!!」
すかさずコパッチのツッコミが飛ぶ。
「まあオレに任せろって。うおりゃあああああああ!!」
ベッドの上で腕立て伏せを始める。そして……ベッドが空中に浮き上がり、発進した!!
窓ガラスをけたたましい音を立ててぶち破り、夜の街へと繰り出す!
「♪盗んだバイクで走り出す〜♪」
「違います!盗んだベッドで飛び出したです!!でもベッドが飛ぶなんてどういうことですか?」
コパッチに解説する。
「昔々、この世界は高度魔法文明に支配されていたんだ。その時に作られた遺産の一つだよ。
さっきからトゲトゲ(魔力レーダーにもなる)が反応すると思ったら…
やっぱりこれは“空飛ぶベッド”だったんだな。ちなみに昔のスケベな魔術師が
浮気現場を目撃されそうになった時にそのまますぐ逃げるために
作ったという説があるが、真相は定かではない」
そんな講義をしながら、試合会場の方をふと見てみたその時!!
「な、なななななな!!」
オレの目にホテルの5階から飛び降りる人影が飛び込んできた!!
普通の人間だったらまず死ぬ。間違いなく死ぬ!!
「命を大切にしない奴は大っ嫌いだああああああああああ!!」
絶叫しながら猛スピードでベッドを操縦して滑空し、5回から飛び降りた人を受け止める!!

NPC解説
コパッチ……首領パッチの子分のようなキャラ。小さくて可愛い。
固有名である首領パッチとは違って、種族名らしく、複数存在する。

178 :名無しになりきれ:2007/01/17(水) 02:43:45
ナイスキャッチ♪
ボクの美貌に溺れたキミなら絶対来てくれると信じてた…



…ワケないだろうッ!!
地獄の底まで飛んでいけぇぇぇぇぇッッッ!!!
マ グ ロ バ ッ ト ・ ホ ー ム ラ ン !!!



しかし空飛ぶベットか…フカフカで気持ちいい…
まるで天使がボクを迎えに来たみたいな空飛ぶ気持ち良さだ…
し ・ あ ・ わ ・ せ …


ハッ…いけないッ!
危なくベッドの魔力にやられてホントに天使が迎えにくるところだった!
ボクは何をしているんだ!早くシャワーを浴びないと!
じゃ!


そうして、ボクはシャワー室へ戻った

179 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/17(水) 02:46:38
>178
…が、ネームプレートを忘れて慌ててベッドに戻る
どこだッ!?ボクの名札ッ!?
あれが無いと冬休みが終わった時先生に怒られてしまう!!
生徒指導の鬼河原は恐いんだッ!
なんとしても見付けないと…!

180 :超紅:2007/01/17(水) 13:29:24
あなたが落としたのは
1、金のネームプレート
2、銀のネームプレート
どっちですか?

181 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/17(水) 15:53:05
なんと、うけとめたのはちとせだった!
「ああ、お前か……ぐはっ!?」
オレはマグロバットホームランを受けて吹っ飛ばされた!
当然、万有引力の法則に従い垂直に落下する!
「ぎゃああああああああああ!!」
闘技場のど真ん中に頭から突っ込んでめり込む!!

「おおっっと!首領パッチ選手、凝った演出でただいま到着!
それでは2回戦いってみよーう!」
ナレーターの声が響く。
二回戦!?毒ガス撒かれたのにまだ続いてたのかーーっ!?
とりあえず早くここから抜け出さないと!!
……めりこんで抜けないっ!! これは絶体絶命のピンチだぜ!!

182 :名無しになりきれ:2007/01/17(水) 22:28:06
ファーック!てめぇらそこをどけーっっ!
オラオラオラオラ、モグラ様のお通りだーっ!

183 :コパッチ(NPC) ◆GOIKwBjB.g :2007/01/17(水) 23:15:02
「兄貴――っ!!……まあ兄貴はこのくらいの高さから落ちてもどうってことないよね」
はるか下の地面へ落ちていく首領パッチを見ながらも平然としているコパッチであった。
そこへちとせが戻ってくる。
「名札をなくしたの?一緒に探してあげよう」
と、コパッチが布団をめくってみた瞬間!
>180
そこには14歳ぐらいに見える少年がいた。
手には金の名札と銀の名札を持ち、ちとせに向かって尋ねた。
「あなたが落としたのは 1、金のネームプレート 2、銀のネームプレート どっちですか?」

184 :名無しになりきれ:2007/01/17(水) 23:18:31
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギコギプルプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ
プルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギプルコギ

185 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/17(水) 23:42:38
「それでは首領パッチVSプルコギ!!レディーッファイト!!」
ヤバイ!ヤバイぞ!まだ地面から抜けないのに!!
が、敵はいつまでたっても襲ってこなかった。数分後に抜け出してみると……
オレは目の前の光景に唖然とした。
>184
大量のぬいぐるみのクマちゃんが、まだ慣れていないのか
プルプルと震えながら一輪車をこいでいるではないか!!
「何これ!怖えええええええええ!オレが正しいプルコギの仕方を教えてやる!」
その場に正座し、バーベキューの準備を始める。
「プルコギとはすなわち……焼肉!!」
ナレーターが叫ぶ。
「やめて下さい!場内は火気厳禁です!!」
>182
そこへ、突如として巨大モグラが乱入した!!
「ファーック!てめぇらそこをどけーっっ!オラオラオラオラ、モグラ様のお通りだーっ!」
プルコギ軍団が次々と倒れていく!!試合会場は阿鼻叫喚の事態となった。
「ぐぎゃああああ!!」
「きょえええええ!?何なのコレ!?」
「皆さん、緊急事態が発生しました!至急避難してください!!」
そんな中、オレは冷静にバーベキューをしつつ巨大モグラを見据えていった。
「ついに現れたか……。オレはすべて見抜いていたぜ!!」

186 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/19(金) 01:28:46
>180 >182 >183
ボクが落としたのは普通の……ふ、普通の……


…き、金が良いですぅ!!!!


その時、ボクの横をモグラ様が通り過ぎた!
ハッ!ボクは何を!?
ボクが落としたのは普通のネームプレートだッ!!!
そうだろ、コパッチ(NPC)!!


…え、誰!?

187 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/19(金) 14:58:44
再参加を希望しましょうか?

名前:超紅
性別:女
年齢:自称14才
職業:フリーター
髪:黒髪、ショート
容姿:よく男に間違われる
戦闘力:測定した事がない
特技:槍で松阪から、ホームランが打てる・ハエで箸を捕まえられる
概要:以前からいたが、コパッチに起こされるまで、ベッドで寝ていた。

188 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/19(金) 15:00:21
>186
自転車を漕いだ、ぬいぐるみの熊達が、空に向かって逃げていく中で
超紅は、血吐瀬の返事を待った。
伊達に自称14才を名乗っているわけではなく、なにかを待つのは慣れっこである。
「ボクが落としたのは普通の……ふ、普通の……
…き、金が良いですぅ!!!!」

やはり、人は金の魔力には勝てないのか。
とにかく、嘘つきには罰を与えねばなるまい。
「あなたは嘘つきですね。
 罰として、この金と銀のネームプレートを上げましょう」
言いながら、やけに軽くなった手を差し出す。
そこには、もぐもぐとネームプレートを食べる、熊のぬいぐるみの姿が。
ぬいぐるみが、なぜ、ネームプレートを食べるのだろうか?
そもそも、食べた物はどうなるのか?
超紅は物も言わずに、熊を鷲掴みにして、自転車ごと、走るモグラに投げつけた。

「ボクが落としたのは普通のネームプレートだッ!!!
そうだろ、コパッチ!!」
今度は、正直に答える血吐瀬。

「正直に答えた貴方には、普通のネームプレートのありかを、教えましょう」
超紅が指さす先には、来賓席で観戦中の、生徒指導の怖い鬼河原先生がいた。

189 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/19(金) 23:31:19
【>187 おかえりなさいませ、ご主人様♪ …じゃなくて!よろしく!!】

「うおりゃああああああ!!ファイアー首領パッチソード切り!!」
長ネギをバーベキューの網であぶってから突撃する!!
しかし、モグラ様は巨大な足を一閃、その衝撃波で長ネギがポキッと折れる!
「ああ、首領パッチソードがああああ!?」
そんなモグラ様の後頭部には
なぜかクマのぬいぐるみが一匹ぽすっと嵌っていてとってもチャーミング♪
いや、今はそんなことを言っている場合ではない!
オレはじりじりと追い詰められていった。
「コパッチー!!助けにこーい!!」
そんな時。プルコギをしていたぬいぐるみのうちの二人が
一人は金、もう片方が銀の眩い輝きを放ち始めた……!

そんな光景を、来賓席で冷静に観察している人物が一人……。
「フフフ……あれは伝説の“金と銀のネームプレート”!こんな所で出会えるとは!
冬休みを返上して来た甲斐があったな……」
そう、生徒指導の怖い鬼河原先生である!彼の眼鏡が怪しく輝いた……。

190 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/20(土) 16:49:37
>189
どこからともなく、心の声が聞こえる。
【ただいま…ではなく。よろしくお願いします】

次の瞬間、助けを求める声が、響いた。
>コパッチー!!助けにこーい!!
見ると、巨大モグラに襲われながら、
折れた長ネギを振り回す、首領パッチの姿が。
危うし、首領パッチ!
超紅は、パッチを助けようと、側に駆け寄った。
だが、その瞬間、モグラは地響きと共に倒れた。
一体、何が起きたのか?よく見ると、地面から手刀が突き出している。
モグラはその手に、急所を貫かれたのだ。

地中から、回転しながら何者かが、姿を表す。
そこに立っていたのは、来賓席で観戦中のはずの、鬼河原。
「くくく……とうとう見つけましたよ!
金と銀のネームプレートを!
さあ、私に渡して貰いましょう。」

わたしは かみに なるのだ!!

叫びながら、鬼河原は両手と右足を、高々と掲げる。
ちなみに、左足は上げずに、つま先立ちのままである。
両足を上げてしまうと、転んでしまうからだ。

「あの構えは…芭零重(バレエ)の構え!」
超紅の目に、驚きが走った。

191 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/21(日) 22:47:13
「何!?芭零重だと……!?」
金と銀のプルコギはただでさえプルプルしているのに
さらに震えが激しくなった。
「解体サレルノハイヤダ……」
目の前に現れたあいつはこの二匹を解体してネームプレートを取り出すつもりなのだ!
「ふざけるな!お前のような奴に渡すわけにはいかない!」
鬼河原はスネ毛の生えた足をチラリズムしながら戦いの始まりを告げた!
「邪魔をするならあなた達から解体してあげましょう!手始めは……
鬼河原流芭零重!“胡蝶乱舞”」
鬼河原は舞い始めた。その姿は、まさに胡蝶。
彼が中年のオッサンだという事を別にすれば……
というよりスネ毛の生えた中年のオッサンにやられてもキモいだけである。
「フフフ、私のあまりの美しさに驚いているのでしょう!
これだけではない!向こうを見てみなさい!そして知れ、胡蝶乱舞の真の恐怖を!」
なんと、向こうから大群になって飛んでくるのは、胡蝶の群れ……ではなく。
ハエの群れだった!!
「のわああああああああ!?全然蝶じゃない!?」
すべてを多い尽くすほどのハエの大群が迫る!!

192 :名無しになりきれ:2007/01/22(月) 10:06:37
我が名は神・・・・もとい紙

193 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/22(月) 11:24:27
どうしよう…まさか鬼河原先生がボクのネームプレートを持っているなんてッ!
ボクは頭の中でシュミレーションをしたッ!

パターン1「返して下さいと言う」
鬼河原「名札をなくした生徒はお仕置きだッ!」

パターン2「無理矢理奪い返す」
鬼河原「この鬼河原に手ぇ出すとは良い度胸だ、説教してやる!説教波!」

どちらにしてもヤツの凄まじい音波攻撃が飛んでくる…ッ!
だとすればボクに残された道は2つ!
1つはコッソリ盗むこと!…しかしコレは大きすぎる賭けだ!
失敗すれば補導される!賭け事イクナイ!
もう一つは…そうか超紅!頼んだ!
ボクはそう言って超紅に向けてマグロを振りかざす!
予告鬼河原!鬼河原先生へ飛んでいけ!ホームランッ!

194 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/22(月) 16:44:09
鬼河原により呼び出された、空を埋め尽くすほどの、ハエの群。
「人喰い蝶を呼ぶ舞は知っていましたが、まさかハエを呼ぶとは」
ハエ達は、まるで意志を持っているかのように、一固まりになって、動いている。
『バカ』『ボスケテ』『ゆけ!鬼河原』などの文字が、ハエ達によって、造られた。
ハエ文字と言うわけだ。
それはそれで、スゴい事なはずだが、あまり見ていていい気持ちはしない。

と、ハエ達の応援のためか、鬼河原の体から、紫色の煙が立ち上り始める。
やがて、煙が収まった時、鬼河原の身は異形の姿に変わっていた。

我が名は神・・・・もとい紙
全ての者よ。紙にひれ伏せ!

ネームプレートを使わなかった為か、
いまや、ペラペラの体になってしまった鬼河原は叫ぶ。
その胸には、血吐瀬のネームプレートが、しっかりと付けられていた。

「超紅!頼んだ!」
見ると、血吐瀬がマグロをふりかざして、こちらに投げようとしている。

「あなたの野望…ここで終わりにしてあげましょう」
超紅は、予告ホームランのように、槍の穂先を鬼河原に向けた。
そして、飛んでくるマグロを、フルスイングで打ち返す!

195 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/22(月) 17:14:40
何もたもたしてるんだッ!
超紅も行くんだよッ!!!
ボクはもう一本マグロを取り出し超紅を吹っ飛ばす。…鬼河原の方向へ。

196 :名無しになりきれ:2007/01/22(月) 19:57:54
インターセプッ!!インターセプッ!!

・・・・・・・・・かかったなダボがァ!! メメタァッッ!!
ムダムダムダムダムダ金使いTEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!

197 :コパッチ(NPC) ◆GOIKwBjB.g :2007/01/22(月) 22:40:14
「ちとせさんっ、あなたのネームプレートが大変な事になってます!
こんな所でマグロを振り回してないで僕達も行きますよ!!」
コパッチは空飛ぶベッドを器用に操縦し、戦場へと向かう。

198 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/22(月) 22:44:03
「いったーーー!!」
これで倒す事ができる!と思ったがっ!!次の瞬間!
異形と化した鬼河原は一直線に飛んできたマグロを文字通りひらりと避けた!!
「これぐらいの攻撃は効きませんよ…なぬっ!!」
>195
続けざまにもう一本マグロが飛んできた!!
これ幸い、オレは首領パッチソード2という名の大根を召喚し、フルスイング!!
今度こそ直撃する!と思われた刹那。
>196
「インターセプッ!!インターセプッ!!」
信じられない事が起こった。
プルコギのうちの一匹が電光石火の一輪車さばきで鬼河原の前を横切り
マグロをキャッチしたのだ!インターセプト(パスの妨害)である!
「まさか……傀儡のダンス!?」
見るとモグラに蹴散らかされたはずのプルコギ達がまるで操られているように
起き上がっているではないか!
紙の鬼河原は踊りながら凄惨な咆哮をあげた。
「・・・・・・・・・かかったなダボがァ!! メメタァッッ!!
ムダムダムダムダムダ金使いTEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!」
そして……彼の紙のような体から放たれた黄金色のまばゆい輝きに辺りが包まれる!
次の瞬間、彼はお札へと進化を遂げた!ただしこの世にあるどのお札とも違う。
お札に書いてある偉い人の代わりに、ちとせが描かれていたのだ!!
「こっ、これが……ネームプレートの力……!!」
普通のネームプレートでもこれほどの力を持つのだ。
金と銀のネームプレートがどれほどすごいかは想像に難くない。
そして、プルコギ達がお札に転生した鬼河原の周りに円になって躍りながら回り始めた……!!

199 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/23(火) 15:25:57
超紅は、槍を振り抜いた後、打マグロの行方を目で追う。
第一撃、そしてパッチの放った、第二撃。
インターセプトの為とはいえ、どちらも鬼河原には、届かない。
そして、再度変身し、お札に変わる鬼河原。
すっかり忘れていたが、これこそネームプレートの力だ。
果たして、世界に散らばる、七つのネムプレを集めたとき、何が起きるのか。
超紅が、思いだそうとしたとき、後頭部に衝撃が走った。

>>195
何もたもたしてるんだッ!超紅も行くんだよッ!!!
どうやら、血吐瀬のマグロで、弾き飛ばされたらしい。
体重の軽さは、どうしようもなく、超紅の体は吹き飛んだ。
そのまま、円になって踊る、プルコギ達を飛び越える。
「なるほど…ネムプレを奪い取る作戦ですか」
考えている内に、鬼河原の頭の上も、飛び越えていた。
超紅は一匹のハエを掴み取り、鬼河原に向かって投げつけた。
そしてそのまま、観客席に突っ込む。

「アイタタタ……」
体を起こす超紅の手元に、ブーメランのように、ハエが戻ってきた。
ハエは、血吐瀬のネームプレートを、しっかりと持っている。
鬼河原は、絶叫を上げながら、小さくなっていった。

200 :首領パッチ ◆GOIKwBjB.g :2007/01/23(火) 20:49:27
「ぎにゅああああああぁああ!!なぜだ……!?
私は紙に……なる……男……だ……」
彼は断末魔の絶叫を残して跡形も無く消え去った。
「これがネームプレートの力に溺れた者の末路……」
悪い心を持つ人間がネームプレートを持つと、
ネームプレートに精神を支配され、破滅の道に堕ちるのだ。
そして、ここには金と銀のネームプレートを取り込んだぬいぐるみがいる。
近いうちに彼らを狙って新たな敵が現れるだろう…。

平和な武術会の裏には、ネームプレートを狙う者の陰謀が潜んでいた!
歴史の彼方に消え去った7つのネームプレートに隠された真実とは!?
なんでもいいからTRPG 第一話“7つのネームプレート”始動!!
冒険の舞台がキミを待つ!!

コパッチ「予告はイメージです。実際と違う場合があります♪」

201 :超紅 ◆C9n0d16Iq2 :2007/01/24(水) 15:34:17
鬼河原は倒れ、その野望も消えた。
超紅の心の中に、『完』の文字が浮かぶ。
「そういえば、血吐瀬さんに、ネームプレートを返さないと、いけませんね」
血吐瀬に、ネームプレートを渡した。


>コパッチ「予告はイメージです。実際と違う場合があります♪」
次回予告……だが、次回などあるのだろうか?
ここには、金と銀のネームプレートを持つ、プルコギがいる。
誰であろうと、簡単には手に入れられないはずだ。
金と銀の…
超紅は、プルコギに近寄ってみた。
銀のプルコギは、よく見ると、メタルのプルコギだった。
戦っている内に、誰かにすり替えられたのだ。
「なるほど」
超紅は、2度うなずいた。
メタルのプルコギは、いつまで待っても、銀には戻らなかった。

同時刻、大会主催者のアフロ仮面は、銀のプルコギを手に、高笑いしていた。
邪魔なライバルは消えた上に、ネームプレートまで、手に入ったからだ。
アフロ仮面の高笑いは、笑いすぎて、椅子から落ちるまで続いた。

202 :斬腹 血吐瀬 ◆w7amlh8fkU :2007/01/24(水) 22:42:58
ネームプレートはボクの手に戻った!
これでボクがこの大会に参加する理由もないのだッ…
ボクは持っていたマイクを床に置く…
「ボクは…普通の女の子に、戻ります!」
その言葉と共に、ボクの武闘着はセーラー服へ形を変えるッ…!
そして、マグロも形を変える…機関銃にッッッ………!!!
「恐いんだね、死ぬのが……だったら、戦わなければいいんだよ!!!」
セーラー服のボクは機関銃を撃ちまくるッ!!!

203 : ◆GOIKwBjB.g :2007/01/25(木) 00:18:27
>202
ちとせのネームプレートが目映い銅色の輝きを放ちその秘められた力を解放する!
彼女は機関銃を携えたセーラー服美少女戦士になった!
そう、それは伝説の7ネムプレのうちの一つ、“銅のネームプレート”だったのだ!
イスから転げ落ちたアフロ男爵は床を転がって乱射される銃弾を器用に避けながら呟いた。
「“銅”の継承者、斬腹血吐瀬……また近いうちに合間見えましょう!」
なぜ今すぐ襲ってこないかって?アフロ仮面は笑いすぎてアゴが外れてしまったのだ。
プライドの高い彼はそんな姿で出てこれないのである。

204 :今までのノリに合わせてルール更新 ◆GOIKwBjB.g :2007/01/25(木) 00:21:52
・ジャンル・・・強烈ノンストップギャグ
・舞台・・・なんでもアリの異世界
・決定リール・・・有
・変換受け・・・有
・レス順・・・無
・GM・・・無
・名無しネタ・・・有
・版権キャラ・・・有
・越境キャラ・・・有
・最強厨・・・ギャグなら有
※NPCは操作自由

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)